menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第三十八話 「人、遠きに慮り無ければ」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

※本コラムは2000年代に井原隆一氏が書き下ろした「不況は会社守成の好機」コラムを再連載するものです。


論語に“人、遠きに慮りなければ必ず近き憂いあり”とある。即ち人は遠い将来での配慮がないと必ず近いうちに心配事がある。

また、三国志には“溺るるに及びて船を呼べば、之を悔ゆるも及ぶ無し”とある。即ち、水に溺れてから船を呼んで救いを求めても手遅れであり、後悔しても追いつかない。

つまり災難に遭う以前にそれを対する備えをしておきたいものである。“会社が傾いてから会社幹部の会議が連日のように開かれる”これは手遅れになっている。いくらでも準備の時間はあったはず。まさか、それに気づかなかったわけではなかろう。

“安くして危うきを忘れず、存して亡ぶるを忘れず。治まりて乱るるを忘れず”
これは易経にある教えだが、経営の責任ある者が、この教えを知らないことは無かろう。知って行わないなら、怠慢のそしりを受けることになるだろう。

“聖人の戒めを為す、必ずまず盛んなるときに”とある。
近思録にあるものだが、聖人が戒めを行うのは必ずことが盛りの時である。絶好調の時の慢心、油断が災禍の源となっていることを戒めた言葉である。

“勝ってかぶとの緒を締める”の言葉は子どもの頃に教えられたもの言葉であるが、長じて大人になってから忘れ去ってしまう。好調に酔ってかぶとの緒どころか、かぶとまで取り去ってしまうのである。

 

 ※栗山英樹氏から、本コラム井原隆一氏の「人の用い方」書籍と、井原隆一「人の用い方セミナー」収録講演CD版・デジタル版を推薦いただきました!

 監督の仕事は、選手の心を動かし、勝利の高みに導くことです。人をいかに用いて、信頼感を高めるか―――
その答えを求めて、私は井原さんの「人の用い方」のCDを5年間、毎日球場までの往復2時間、車の中で聴き、本をカバンに忍ばせていました。選手は勝利のために厳しい練習をしているわけですから、私は素振りの代わりが勉強だと思っています。

第三十七話 「人に勝とうと思うなら」前のページ

関連記事

  1. 第十九話 「人生の大病は只傲の字なり」

  2. 第三十七話 「人に勝とうと思うなら」

  3. 第九話「目的と注意力」

最新の経営コラム

  1. 第92回 所得税・住民税の定額減税の給料計算対応

  2. 第150回 ビットコイン

  3. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年4月17日号) 

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第63回 『ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?』(著・ジ...
  2. 健康

    第42回 丸駒温泉(北海道) 季節によって深さが変わる湖畔の湯
  3. 人間学・古典

    第3回 酒で身を滅ぼす 李克用の失敗
  4. マネジメント

    決断と実行(2) 決意の舞と慢心の謡
  5. 戦略・戦術

    第153号 5億9,791万人
keyboard_arrow_up