menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第二話 「リーダーが自分を弱くするものは」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

自分を弱くするもの、それは依存心であると考える。“溺れる者は藁をもつかむ”といわれているが、
その一つの藁をも失ったとき、生き抜くための知恵と力が生まれてくる。

昔、ある国王が戦いに破れ、城内に孤立したとき攻城軍から手紙が届いた“すぐに降服せよ、
背けば城を踏む潰す”というもの。これを見た籠城の王の回答は“もしも”のみ。“もしも踏む潰すことが
できなかったら逆に”という決死の覚悟とみた王は兵をまとめて帰ってしまったという。

言志四録に“一灯を掲げて暗夜を行く、暗夜を憂える勿れ、ただ一灯を頼めり”とある。
また、後漢書には“大夫 志を為すや、窮まりても当に益々壮んなるべし”とある。
要するに男子たる者は志を立てたからには、困窮してますます志を強固にすべし、ということで、
人間社会に不可能なしと考えれば、孤立無縁の内にも活路を見い出す知恵が出てくる。
とかく窮地に陥ると依存心を起こし救済を求め、応じなければ批判攻撃してみる。これでは
己の血圧を高めるだけに終わることになる。

私はある会社の再建に当たったとき主力銀行から貸金の元利棚上げの助け舟を言下に拒み、
資金担当者に、借金返済のために見合預金を用いてはならないと釘を差したり、ことごとく
安易な道を塞いでしまった。

また、再建五ヵ年計画を発表したとき、神社に達成祈願を契められたが祈願参りには行かないが
計画完全達成のとき、お礼参りに行くと話した。“天は自ら助くる者を助く”とあるが努力する者に
天は援ける。その天の援けに対するお礼参りだと話しておいた。

 

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第一話 「不況は会社守成の好機」前のページ

第三話 「後悔先に立たず」次のページ

関連記事

  1. 第六話 「十天王」

  2. 第二十五話 「松柏は霜を受けても」

  3. 第二十九話 「二卵を以て干城の将を棄つ」

最新の経営コラム

  1. 永続企業の知恵(5) 経営多角化で窮地を救う(三菱二代目・岩崎弥之助)

  2. 第84回 平山温泉(熊本県) スベスベヌルヌル「美肌の湯」

  3. 第119回 iPhoneの衛星SOSサービス

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    故事成語に学ぶ(45) 羊をして狼に将たらしむ
  2. コミュニケーション

    第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方
  3. 社員教育・営業

    第63講 クレーム対応のルールを間違って理解しているから失敗する(3)
  4. 社員教育・営業

    第20講 『理解』と『納得』のクロージングに失敗しないために~その...
  5. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(31) 義経、勝利が悲劇の始まり
keyboard_arrow_up