menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第三十七話 「人に勝とうと思うなら]

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

呂氏春秋に“人に勝たんと欲する者は、必ずまず己に勝ち、人を論ぜんと欲する者は必ずまず自ら論ず”とある。

この意味は、人に勝とうとする者は、まず自分に打ち勝たねばならない。
他人をへつらおうとするなら、まず自分を反省しなければならない。

また、「老子」には“人に勝つ者は力あり、自ら勝つ者は強し”とある。
すなわち、他人に勝つ者は力があるだけであるが、自分自身に勝つことができる者は真に強い者である。

これを言い代えれば、本当に強い人とは他人に勝つということではなく、自分に勝つことであるということになる。
自分は何に勝てばよいのか、それは人の邪念、利欲といえるだろう。

私は自己形成を目的とした四つの“ない”を心に決めて実行してきた。

「怒らない」「過ちを人のせいにしない」「心配しない」「もったいない=感謝」の四ないである。
力ずくでは勝ち目がないが、自己統制では欲に落ちることはあるまいと私合点しているわけで年寄りの
独り言と思われるかもしれないが自分では、よくやってきたと自分を褒めてやっている次第。

論語に“その進むに与(くみ) するなり、その退くに与せざるなり。”前に進もうとする者を助けるのであって、
つまり向上心のある者を助けるのであり、後ろに退くような者は助けないということである。



※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第三十六話 「一以てこれを貫く」前のページ

第三十八話 「人、遠きに慮り無ければ]次のページ

関連記事

  1. 第九話 「目的と注意力」

  2. 第十六話 「人を責むるの心を以て己を責む」

  3. 第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」

最新の経営コラム

  1. 第101回 ビットコイン価格

  2. 「事業発展計画書」は事業繁栄の原動力
    牟田 學(日本経営合理化協会 会長)

  3. 人の心を取り込む術(19) 人物をじっくりと見定めて使う(楚の荘王)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第71回 英語を話せることは、良いことか?
  2. キーワード

    第50回 3Dプリンタによる医療器具製造
  3. キーワード

    第65回 ヤマハ銀座ビル
  4. 戦略・戦術

    第173話 決算対策の時期ですよ
  5. 不動産

    第2回 不動産業界での勝ち残り方
keyboard_arrow_up