menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第三十四話 「一利を興すは一言を除くに如かず」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

一利を興すは一言を除くに如かず。一事を生ずるは一事を減ずるに若かず”
即ち、一つの利益のあることを始めるよりも一つの害を取り除く方がよく、
一つの事を新しく始めるよりも無駄な一つの事を減らすほうがよい。


この言葉は、中国、元の耶律楚材が常に口にしたものとされている。
即ちひとつの利益のある事を始めるよりも一つの害あることを取り除くがよい。
また一つの事を新しく始めるよりも無駄な一つの事を減らす方がよい。の意味を私も体験している。

だいたい現代の会社経営にしても、過去の損害、過失を改めることなく新たな事業を始め、
過去の損失をそのままにして利益のある事を始めて再び杭を残している。

幾つかの会社を危機を救った私は、売上を増やせ、利益を生み出せ、などと号令をかけたことはない。
会社の基礎を危うくしているもの、事を探しだしてそれを除き、無駄になる便箋一枚にも苦言を呈した。

そのため批判、抵抗、悪口、雑言など散々受けたが耳を傾けることなく過去の過ちを再び起こさないことに努めた。

たとえば不良品在庫を探し出し廃品回収屋さんに売り、その僅かなカネを莫大な借金返済にあててよからぬ
陰口をいわれたりなども忍んだことなどが思い出される。巨額な借金もチリが積もって山となったもの、
その山を崩すだけでも、会社は生き返ると思えば僅かな節約にも張り合いがでてくる。小を侮るから大となる。
一億日の始まりも一日と考えることが大を成す。道を考えるべきではなかろうか。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第三十三話 「足らざるを知る者は」前のページ

第三十五話 「山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し]次のページ

関連記事

  1. 第二十一話 「学ばざれば牆(まがき)に面す」

  2. 第二十六話 「難によりて材をあらわす」

  3. 第三十八話 「人、遠きに慮り無ければ]

最新の経営コラム

  1. 永続企業の知恵(5) 経営多角化で窮地を救う(三菱二代目・岩崎弥之助)

  2. 第84回 平山温泉(熊本県) スベスベヌルヌル「美肌の湯」

  3. 第119回 iPhoneの衛星SOSサービス

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第115回 センサー内蔵サッカーボール
  2. 人間学・古典

    第78講 「帝王学その28」 公、外に奢り、内に倹にして、声色の娯しみ無し。...
  3. 人事・労務

    第113話 モデル本給表が大幅なベースアップを必要とする理由
  4. 経済・株式・資産

    第63回「投資信託の手数料と運用成績を吟味しよう」~手数料次第で長期の成果に大差...
  5. 社員教育・営業

    第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!
keyboard_arrow_up