menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第三十四話_コロナ発のピンチをチャンスに変える!

中小企業の「1位づくり」戦略

こんにちは!

1位づくり戦略コンサルタント 佐藤元相です。

 

私の会社では、毎日、朝礼で
「お客さまの声」を共有しています。

 

きっかけは、日本経営品質賞を受賞(2013)した
滋賀ダイハツ販売様を企業視察したことから始まりました。

 

経営方針に「お客さまに寄り添うサービスの徹底」
掲げた取り組みがわかりやすく、とても印象に残りました。

 

社長の考えは明快で、すべてはお客様の満足のために!

売ったものが勝ちではない!

喜んでもらったものが勝ち(*^^*)

というものでした。

 

滋賀ダイハツでは、
お客さまの接客した人たちが得た情報を
工場で作業をしている人や営業担当など
全社員で共有できる仕組みになっていました。

 

また、お客さまアンケートから

現場をお客中心に変えていると言います。

つまり終わりのない改善です。

 

ichii341.png

 

私は、この取り組みは「顧客中心の経営」で、
社員が成長する仕組みだと思い、とても関心を持ちました。

そこでうちの会社でも取り入れることにしました。

 

それが、朝礼での「お客さまの声」の共有タイムです。

私たちの一日の仕事の中で、なにより大事にしている時間です。

 

お客さまの声は、顧客のとの何気ない会話から得た情報や、
Facebookで見つけた記事、直接相談を受けた仕事の内容など、
「これはチームで共有すべきことだ」と判断したのなら、
仲間に伝えることをルールにしました。

 

お世話になっている社長と会話をしていたとき、
「先日は担当の○○が大変お世話になりました」と、
社内で共有した内容を話題にすると
「なんで佐藤さんが知っているのですか?」とびっくりされました。

 

毎朝、お客さまの声を共有していることを伝えると、
スタッフのことを褒めて頂けました。

 

「社長が君のことを褒めてたよ」スタッフに話すと、
とてもうれしそうな顔をしていました。

 

経営の目的はお客さまづくりです。

売上げが増えるのはお客さまに選ばれた結果です。

お客さまに喜んでもらった者が勝ち。

 

ランチェスター経営 竹田陽一先生は、こう言います。

「まず、お客の仕事と人生に関心を示し、
次に親切心と今一つの良さを加えて対応し、
顧客から好かれて気に入られることで、地元No.1を目指せ」

 

コロナ発のピンチをチャンスに変えるには、
お客さまにより喜ばれる取り組みを創造することが重要なのです。

第三十三話_業界平均2倍の粗利益を確保する小さなリフォーム店の成功戦略③前のページ

第三十五話_こだわりが詰まったストーリーDMでお客の心をわしづかみ!次のページ

関連記事

  1. 第五話 小さな会社の働き方改革 やり甲斐や誇りを持って仕事に取り組む

  2. 第二十五話_社長の願望・目的で決める。 人材育成もここから入る

  3. 第二十三話_新型コロナウイルスをチャンスに変えた 小さな町工場の営業戦略

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第5回 お値打ち感を、会社(お店)の使命で演出したスターバックス
  2. 新技術・商品

    第49話 「スマート」の現在地は、どこに?
  3. 製造業

    第255号 東証一部の隠れた高収益企業・チノーのチョコ案改善とは
  4. マネジメント

    組織を動かす力(9)トップと部下の信頼関係
  5. マネジメント

    第140回 リーダーは「安全圏」の外へ出ろ
keyboard_arrow_up