menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第116回 東京モーターショー2013

高島健一の「社長のメシの種」

116-1.jpg
 今回で43回目を迎えた東京モーターショーが11月20日に開幕した。
 
 世界12カ国、178社35ブランドの乗用車、商用車、二輪車、部品メーカーなどが出店しているが、同時期に世界の2大自動車市場である中国とアメリカで広州モーターショー(11月21日~30日)、ロサンゼルスモーターショー(11月22日~12月1日)が開催されており、海外メディアの注目度が心配されていた。
 しかし、プレスデイ初日に行ったところ外国人、特に西洋人が多く来ていると感じられ、数字的にもプレスデイ2日合計で10,300人と前回の9,400人を上回る来場(60%強は国内メディア)があった。
 
116-2.jpg
116-3.jpg
116-4.jpg
 自動車各社トップによるプレスブリーフィングでは、トヨタは2015年に市販予定の燃料電池車「FCV」、ホンダはハイブリッドのスポーツカー「NSX」、日産は3人乗り電気自動車「ブレイドグライダー」などのコンセプトカーが登場、水素や電気を使いCo2を削減するといった環境性能に加え、走りを重視した次世代カーに力を入れた発表が多かった。
 
 若者の車離れに加え、最近はセンサーで危険を感知し自動停止する車から発展して、米Googleや国内メーカーの自動走行車の開発なども登場している。
 そのため、「車を単なる移動手段」にしない「愛車」となるものを作る(トヨタ)、「走る喜びのある車のみを作る」(マツダ)なども強調されていた。
 
 11月23日(土)からの一般公開には、家族連れやカップルなど多くの人が来場し、人だかりで車が見られないほどのブースも多く、24日(日)午前までの累計入場者が23万人(前回は18万6,000人)と前回を大きく上回っているため、目標とする90万人(前回84万人)を越えそうだ。
 
116-5.jpg
 
 中でも人が多かったのは東6ホールのポルシェ、東4ホールの日産GTR、西2ホールの日産GTR、電気自動車の「テスラ」などのスポーツカーが展示されているブースで、リーマン・ショック以後はフェラーリ、ランボルギーニなどの海外のスポーツカーの出展はないものの、スポーツカーが久しぶりに人気となっており、景気回復の兆しなのかも知れないと思った。
 
 先日シリコンバレーで工場見学をした「テスラ」は、部品メーカーと同程度の小さいブースながら大人気で、今後全国各地で試乗会を行うための来場者アンケート調査を行なっていた。
 
116-6.jpg
 
 また、アウディはiPadを使った車の説明、ブリヂストンはタイヤの性能の違いをヘッドマウントディスプレイと動くシートを連動した4Dシアターで体感させるなど新しい試みも見受けられた。
 
 実用的な展示が多かったモーターショーから再び夢を語るモーターショーへの転換は、世の中が新しい段階に向かっていることを物語っていると感じた。
 
 
 

 
======== DATA =========

●第43回東京モーターショー
http://www.tokyo-motorshow.com/
問い合わせ:03-5530-1315
開催期間:11月23日~12月1日
開催地:東京ビッグサイト 
http://www.bigsight.jp/

 

第115回 原宿の行列雑貨店前のページ

第117回 高級食パン ブーム次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

関連記事

  1. 第57号 シャネル 2つの企画展

  2. 第146回 湘南T-SITE

  3. 第205回 ワークライフバランス

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第229号 新商品開発は長期繁栄の要
  2. 不動産

    第16回 来訪客には、営業職だけの説明でなく技術職にも物件の特徴の説明をさせる事...
  3. ブランド

    価値ある人を見分ける・イメージ判断法 -時計のヴァリュー-
  4. マネジメント

    第39回 社長業、8つのチェック
  5. 社員教育・営業

    第8話 成長課題 管理職の部下育成術(8)
keyboard_arrow_up