menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

2013年1月号

必読!社長が読むべき今月の4冊

2013011_120.jpg

日本初の2度受賞!日本経営品質賞の社長が教える
『強い会社の教科書』

小山 昇(株式会社武蔵野社長)著
ダイヤモンド社刊 
1,600円(税別)

 

◆社長に求められるのは「数を増やすこと」
◆人間の感情を理解したうえで「強いしくみ」を作る
◆「観察→仮説→検証」によって「強いしくみ」を作る
◆長期計画を作れば、「今日、すべきこと」が明確になる
◆世の中に、良い会社も悪い会社もない。良い社長と悪い社長がいるだけ
◆借金は未来への投資。金利は、会社を強くするための必要経費
◆経費には「善の経費」と「悪の経費」がある
◆経営を安定的に続けるために「5本の柱」を持つ

btn_amazon.gif

 

 


 

2013014_120.jpg

思考を「あたりまえ化」しよう!
『絶対達成マインドのつくり方』

 

横山信弘(株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ社長)著
ダイヤモンド社刊
1,400円(税別)

 

◆達成が「あたりまえ化」している人は、目標から逆算した行動をとる
◆モチベーションは最大の「思考ノイズ」だ。
 気分が乗らなくても、目の前の仕事をすれば、
 「モチベーションとは関係なく仕事をこなせる」ことがわかる
◆わからない状態→わかっちゃいるけど状態→がんばる状態→あたりまえ状態
◆宣言した行動計画はロックして、やりきろう
◆「葛藤のシーズン」は必ず終わり、思考が「あたりまえ化」する
◆「倍速管理」で期限を2つ折りにし、「絶対達成」しよう

btn_amazon.gif

 

 


 

2013012_120.jpg

持続的成長を可能にする
『ミッションの経営学』

 

田中道昭(株式会社マージングポイント社長)著
すばる舎リンケージ刊 
1,600円(税別)

 

◆企業のミッションは、社員の結束力を生み、顧客の信頼と支持を得る
◆優良企業は、自社のミッションを明確に掲げている
◆ミッションは灯台の灯りのようなもの
◆意見がまとまらない場合は、上位概念(ミッション)に照らして判断する
◆ホワイトオーシャンとは、レッドでもブルーでもない新たな領域のこと
◆自社のノウハウ、人材や顧客にまだまだ伸びる余白(ホワイト)部分がある
◆ホワイトオーシャン戦略では、身近なものを見つめ直す作業から始める
◆「社員第一主義」で、顧客価値も株主価値も増大する

btn_amazon.gif

 

 


 

2013013_120.jpg

少しの工夫で面白いように売れる!
『売れないモノの9割は売れるモノに変えられる』

木山泰嗣(弁護士)著
日本実業出版社刊
1,500円(税別)

 

◆企業のミッションは、社員の結束力を生み、顧客の信頼と支持を得る
◆優良企業は、自社のミッションを明確に掲げている
◆ミッションは灯台の灯りのようなもの
◆意見がまとまらない場合は、上位概念(ミッション)に照らして判断する
◆ホワイトオーシャンとは、レッドでもブルーでもない新たな領域のこと
◆自社のノウハウ、人材や顧客にまだまだ伸びる余白(ホワイト)部分がある
◆ホワイトオーシャン戦略では、身近なものを見つめ直す作業から始める
◆「社員第一主義」で、顧客価値も株主価値も増大する

btn_amazon.gif

 

2012年12月号前のページ

2013年2月号次のページ

関連記事

  1. 2014年7月号

  2. 2016年5月号

  3. 2016年6月号

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第50号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(4)
  2. マネジメント

    後継の才を見抜く(7) 動き出す秀忠
  3. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(21) 英雄ナポレオンの運命の分岐点
  4. 社員教育・営業

    第28話 成長課題 管理職の部下育成術(28)
  5. マネジメント

    第80回 『顔を見る、顔を立てる』
keyboard_arrow_up