menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第13話 社長の報酬・賞与の実態を調査 (2010年度版)

「賃金の誤解」

 「今回のリーマンショックのような事態が起きたとき、ヨソの会社は社長の給料(報酬)をどのように決めたのでしょうか。わが社は利益が大きく減ったので、私自身の報酬は1割カットしました。配当も出せませんでしたから、収入は大きく減りました。他の役員の月例報酬はそのまま維持しましたが、賞与はゼロにしました。同業者、あるいは同規模程度の社長報酬の水準を知りたいのですが、情報が少なく、よく分かりません。併せて納得できる役位別報酬の調査データがあれば教えて欲しいのですが」。
 
 従業員100名ほどの精密部品メーカーのオーナー社長にお会いしたとき、役員報酬について、このような質問から話が始まりました。読者の皆さんの多くが同様の疑問をお持ちなのではないでしょうか。
 
 賃金管理研究所は毎年、役員報酬の実態調査を実施しており、今年も6月2日に25回目の調査レポートを発表いたしました。調査の全容を紹介することはとてもできませんが、この調査レポートから先の質問の答えの糸口を探してみたいと思います。
 
 この実態調査レポートによると
 
1.2009年度、非上場企業の48.7%が社長報酬を据置とし、35.3%が引き下げたとしています。そして引き下げた企業のほとんどが10%以上の減額と回答しました。
 
2.従業員100人未満企業の社長の月例報酬額は平均で151万円でした。ちなみに2008年度、同規模企業の社長の月例報酬は平均で159万円でしたから、結果として8万円、5%ほどのダウンとなっています。
 
3.今回、資本金1億円未満で社長賞与を支給した企業の割合は25.0%に過ぎません。2008年度、同規模企業で社長賞与を支給した企業の割合は32.6%だったことからも、リーマンショック以降、長引く景況感の悪化を反映しての数字と言えるでしょう。

今回は、社長・重役の報酬・賞与・年収額の実態調査レポートから、その一部を解説いたしました。読者の皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

第12話 スムーズな事業継承のために賃金人事制度を構築前のページ

第14話 昇給のない賃金制度はできるのか次のページ

関連記事

  1. 第37話 夏季賞与の「総原資」と「個別配分」を考える

  2. 第72話 Sモデル社員に秘められた責任等級制のフィロソフィー

  3. 第131話 非常時こそ落ち着いて基本に沿った昇給運用を

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第52話 成長課題 管理職の部下育成術(52)
  2. 統計データを経営に活かす

    ビジネス見聞録

    統計データを経営に活かす 第2回「モノ」から「コト」へとは?
  3. 教養

    第69回 『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』(著:伊集院 静)
  4. マネジメント

    交渉力を備えよ(11) ロシアの対米世論工作
  5. 健康

    第76号「世界を制した日本人の選択」
keyboard_arrow_up