menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第193回 『5年、10年単位で目標を設定できる人』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

ビジネスマンとして第一に心すべきことは、理想や目標を明確にすることである。
 
人生のゴールに何を目指すのか、それをはっきりさせることが大切だ。
 
「こうしたい」「ああなりたい」といくら言ったところで、
明確な理想や目標が決まらない限り、一歩も前進することはできない。
 
「目標なくして成功なし」であるからだ。
 
 
手っ取り早くハウツーを身に着けたいという方々には、
「なんだ!?」と思われるかもしれない。
 
しかし、ビジネスマンとして成功するには、
目標を明確に描き、その目標達成に向かって基本をしっかりと身に着け、
つねに情熱を燃やしながらコツコツと努力を積み重ねることに尽きるのではないか。
 
私自身、営業、マーケティング、企画、経営といった様々な仕事を36年以上経験してきたが、
ビジネスの世界で成功を得る特別の秘密・秘訣といったものはない…、
というのが掛け値なしの実感である。
 
 
もちろん、そうは言うものの、
ビジネスマンとして何を学び、学習していくか、基本的な道筋はある。
 
私自身、20代の頃に以下のような目標を立てた。
 
 ・つねに、同期・同年配グループの中でトップの実力と立場を保つ
 ・マーケティングのオーソリティになる
 ・英語の資格の主なものはすべて取る
 ・45歳までに経営者の立場に立つ(この目標は32歳のときに立てた)
 
いま振り返って、前の二つは具体性に欠けていたきらいがある。
 
それでも英語の資格はほとんど取得したし、
ちょうど45歳の年でジョンソン・エンド・ジョンソンで社長になったように、
ほぼ目標を達成することができた。
 
 
目標を達成することは誰にでもできる。
もちろん、ただ目標を決めればいいというものでないのは明白である。
要は、やるかやらないか、ということなのだが…。
 
目標をクリア可能なところに定め、もし達成できないときは、
「目標設定」そのものを変えればよいのである。
 
その上でアドバイスするとすれば、目標は「段階的」に作るのがよい。
 
どの企業にも、質の程度の差はあれ、長・中・短期の経営計画がある。
それと同じように、「自分自身の長・中・短期の計画」を持とう・・・
これが私の持論である。
 
例えば、短期目標とは、今年・来年の目標である。
5年から10年先に達成すべき目標は中期計画、そして、
長期目標とは最終的な目標である。
 
あるいは人生を、5年、10年単位で区切るのもいいだろう。
 
 
目標のテーマはあくまでも「自分にとって価値のあるもの」でなければならない。
 
すると、だいたい
(1)会社での立場、(2)収入、(3)教養、(4)家族、(5)健康、
の5項目に絞られてくる。
 
(4)と(5)については、若いうちはさほど関係ないだろう。
 
とすれば、新入社員時代は、
何歳までにどんな仕事にチャレンジするとか、どんな地位に就くとか、
地位や収入、資格やスキル …などを、具体的に考えればよいことになる。
 
 
そして、必ずメモにすることがポイントだ。
 
また、目標を書き出したら、
目標達成のために具体的に何を行い、いかなる力を養うか、
そのための戦略を記しておくことも大切である。
 

第192回 『明日の100点より、今日の80点』前のページ

第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』次のページ

関連記事

  1. 第56回 『異見も意見』

  2. 第44回 『赤ちょうちん会議』

  3. 第123回 『あきらめないことが、最高のリカバリー』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第52回 『象を食べる方法』
  2. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(32) 東国武士に芽生える義経への反感
  3. 社員教育・営業

    第4回  全員営業による「人業から事業」への転換【実践編】
  4. 経済・株式・資産

    第75回「著名投資家に学ぶ①、ジョン・テンプルトン」
  5. キーワード

    第64回 「狭き門から入れ」の本当の意味とは?~新たな入門、門出の季節に贈る言...
keyboard_arrow_up