menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

その昔、カネボウの多角化戦略は「ペンタゴン経営」と呼ばれ、
かつて多角化の成功例として脚光を浴びていたことがあった。
 
日本最高の企業といわれていたカネボウの名は、
今は、カネボウ化粧品にその名残をとどめるばかりとなっている。
 
カネボウの経営が行き詰った背景に、
肥大したペンタゴン経営があったのは皮肉なことだ。
 
 
新事業の開発も、多角化戦略も、重要な経営手法であることは間違いない。
 
しかし、会社と屏風(びょうぶ)は広げすぎると倒れてしまう。
 
行き過ぎた多角化は、往々にして本体を危うくする。
結果を求めて、あれもこれもと手を拡げるのは、
結局は何も得られないまま、かえって事態を悪化させるものだ。
 
 
とはいえ、テクノロジーに進歩で、
既に時代遅れとなっている商品やサービスもある。
 
本業をかたくなに守るだけでは、勝ち残るどころか、
企業として生き残ることすらできないのが現状だ。
 
 
写真フィルムのトップメーカーでよく知られた富士フイルムは、
化粧品、バイオの分野に進出し成功している。
東レの炭素素材も多角化から生まれ、今や同社の屋台骨となるまでに成長している。
「多角化=間違った経営」とは限らない。
 
 
では、正しい多角化とはどんなものだろうか。
 
ここでもやはり「ザ・正解」というものはない。
しかし、参考となる事例はある。
 
それは、私が日本法人の社長を務めたことのあるアメリカのヘルスケア企業、
「ジョンソン・エンド・ジョンソンの多角化戦略」だ。
 
同社は世界的な大企業だが、たくさんの中堅企業の集合体である。
多角化は、それぞれの利益責任のある中堅企業に分散されて行われる。
そのため、無秩序な投資も無制約の経営計画もあり得ない。
 
もうひとつは、「我が信条(Our Credo)」と称する企業理念だ。
 
同社はヘルスケアで世界に貢献することを方針としている。
したがって、どんなに儲けが見込まれても不動産業に進出することはない。
 
会社の「理念や哲学を逸脱した多角化」が、成功することはあり得ないのである。

第193回 『5年、10年単位で目標を設定できる人』前のページ

第195回 『人を叱るな! モノとコトを叱れ!!』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第152回 『時間とは、作るもの』

  2. 第100回 『出世と成功』

  3. 第11回 人間は”認められたい”生き物

最新の経営コラム

  1. Track6 聞き手のある講演録から学ぶ

  2. 第38回「茶道の入り口」

  3. 第29回 中小M&A増加の背景 

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第40回 企業成長のために売上成長を目指さない経営:「ロック・フィールド」
  2. 社員教育・営業

    第59講 クレーム対応という仕事をやってるからには楽しむ!方法(2)
  3. 社員教育・営業

    第33話 「自創経営における人格能力の育み その3 心構え編」
  4. 不動産

    第55回 主寝室の脇に隣戸の水周りやLDを配置しない事
  5. 経済・株式・資産

    第134回 経営とリスク(19)
keyboard_arrow_up