menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第72回 『関心を示す』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 経済同友会、交詢社など、私はいくつかの団体に属してきた。できるだけ人間関係を広げ、それを豊かに保ちたいからだ。いくつかの勉強会にも参加している。
こうした会合で出会う方々は、企業リーダーやグローバルな企業で活躍されている方ばかり。そうした方々との触れ合いから、私は有形無形の恩恵を得てきたと感謝している。

会社の同僚とのつきあい、学生時代からの友人との付き合いも悪くはないが、これらの付き合いは、年齢や環境が似通っていて、ついつい、同質であることに甘えてしまう。
いろんな会合に顔を出し、いろんな人と付き合ってみることだ。そのうちに、人を見る眼が磨かれてきて、自分の「ためになる人」と付き合えるようになってくる。


社長になってからも、年に一回は、社外トレーニングに参加してきた。
定評あるルイス・アレン氏の「マネージャーコース」、デール・カーネギー氏の「話し方と人間関係」などのコースでは、たくさんの知己を得た。
こうして培ってきた「人財目録」は、ざっと200人を超えている。
このリストこそ、私にとって、最大の財産であるし、ひそかに誇りにも思っているものだ。


そうして知り合った方々には、不定期的にではあるが、ときどき、お互いに電話をしたり、メールを送ったりで連絡をとっている。
親しい人とは、機を見てランチを一緒にとるようにしている。夜、会おうとするとなかなか調整がつかないが、昼間なら時間をとりやすいのだ。

相手への積極的な関心を示すことを、「ストロークを与える」という。

大事な人であるなら、相手への関心を積極的に示すべきだ。そのくらいの努力をしなければ、せっかく知り合った相手との関係は育っていかない。

伊勢丹のカリスマバイヤーから福助社長、イトーヨーカ堂と転身、活躍している藤巻幸夫さんは、超多忙でありながら、こまめに手紙を書くことで知られている。
「ふっと思い出した人には、すぐに手紙を書くんです。人は案外、手紙をもらうと嬉しいものでしょう」
というのだ。

昼をはさんで二時間ぐらいの時間ができそうな日、私は知人に電話を入れ、ランチデートを申し込む。
これは、きわめて有効なストロークだと思う「都合がつかないんだ」と不成立に終わったところで、「君に会いたいと思った」という私の思いは十分に相手に伝わるはずだ。

デートが成立すれば、もっとよい。人間は不思議な生きものだ。お互い、元気な顔を見ながら一緒に飯を食う。それだけで、無沙汰が一気に消えてしまうものだ。

 

第71回 『「聞く」技術』前のページ

第73回 『おカネとヤル気の法則』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第190回 『過去の経験と失敗から学べ』

  2. 第153回 『時間を二つに分ける』

  3. 第81回 『同じ会社で、違う道を拓く』

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第45話 成長課題 管理職の部下育成術(45)
  2. 人事・労務

    第69話 職制準拠の職能給と職能資格制度の違いを理解する
  3. サービス

    18軒目 「一皿で、ミシュランの三ツ星を獲得した店」
  4. キーワード

    第108回 ペルー料理
  5. 経済・株式・資産

    第38話 2013年中国政治・経済の10大予測
keyboard_arrow_up