menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第195回 『人を叱るな! モノとコトを叱れ!!』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

松下幸之助氏は、人叱りの名人であったという。
旧松下電器の幹部たちは、全員、幸之助氏に叱られることで成長していった。
 
最近の若い人たちは、叱られ慣れしていない人が多く、
叱り方が難しいという上司の声をよく聞く。
 
 
私は、叱り方の極意は、
「叱られた人が、叱られる前よりもやる気が出てくる叱り方」
だと考えている。
 
叱られた人が、「然(しか)りごもっとも」と納得できる
叱り方でなくてはならないのである。
 
 
然り方には原則がある。
それは、「モノとコトを叱って人を叱らず」だ。
 
人を叱るとは、
「だからお前はダメなんだ!」
「何度言ったらわかるんだ。もう辞めてしまえ!」
というような、相手の尊厳を傷付け人格を否定する叱り方ことを指す。
 
人格を否定されては、叱られた方は立つ瀬がない。
 
叱った方は留飲が下がって気分爽快になるかもしれないが、
叱られた側には救いがなく、意欲も自身も喪失してしまう。
 
部下のやる気を奪うリーダーは、組織に害をもたらす「人罪」である。
 
 
一方、モノとコトを叱るとは、やり方が悪くて失敗したなら、
やったコトや、やり方を叱る、決してやった人を叱るのではない。
できたモノが悪いなら、モノについて叱るのである。
これが叱り方の基本だ。
 
モノとコトを叱ることで、個人の尊厳を傷付けることなく、
叱られる方も次のステップへ進むことができる。
 
モノとコトを叱るのは、前向きな叱り方なのである。
 
 
さらに一歩進んだ叱り方は、
「今回は○○と○○はよかった。よくやった」
と、叱る前にまずほめ、次に、
「しかしツメが甘かったな。最後のチェックをもっと慎重にやるべきだった」
と、コトを叱り、最後に、
「ここを注意しなさい。君なら次はきっと成功する」
と、フォローを加える。
 
感情に流されて「怒る」ことは、
リーダーにとって厳に慎まなければならないことだ。
 
まして、「罵(ののし)る」となると、もはや救いようがない。
 
望ましい順番でいうと、「注意する→叱る→怒る→罵る」となる。
 

第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』前のページ

第196回 『計算されたリスクを冒すことのできる人』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第55回 『根回しは必要悪?』

  2. 第93回 『資格にチャレンジ』

  3. 第170回 『「反対」や「提案」も三度までが鉄則』

最新の経営コラム

  1. 第四十九話 ランチェスター法則で欲しい人材を確保する方法 その1 スタッフづくりはお客様づくり

  2. 第156話 中国の景気悪化と政策的な「合成の誤謬」

  3. 第231回「社長の心が病む時」とその対処法

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第1回 東京”住みたい街”に「地格変動」
  2. 社員教育・営業

    第4話 デキル社員の育て方
  3. マネジメント

    第91回 『自分を活かすおカネ』
  4. キーワード

    第83回タブレット端末の使い方を教えてくれる。自由に使える。『BOOKSHELF...
  5. マネジメント

    第130回 『コミュニケーションでの覚悟』
keyboard_arrow_up