menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マーケティング

第2話 「儲かる仕組は全てシナリオが存在していた」

ネット戦略成功の秘訣 圧倒的に儲かる仕組みづくり講座

儲かる仕組みには、全てシナリオが存在する
 

今号では、インターネットも実存する商売も、実は、そう変わりはないと言うことをお伝えしますね。
 
「あの店」流行ってるな~って店ありますよね。
 

では、一歩進んで、どうして「あの店」は儲かるのか?
そう、 あなたが思い浮かべた「あの店」です。
 
 
 
そうした流行っているお店には必ず、「自分だけの儲けるためのシナリオ」が存在しているのです。じっと観察していれば、すぐに分かることもあるし、巧みに秘されていることもありますよね。
 
じゃあ、ひとつ僕の体験を紹介します。
 

++++++++++++++++++++
 
 
 
ある雨の日、友人に昼食に誘われた。
 
 
 

友人「松野、辛いもの好きだったよね」
 
 
 
松野「おう!大好きだよ」
 
 
 
友人「じゃ、面白いとこ紹介するね」
 
 
 

連れて行かれたのは、大阪の天神橋商店街の外れ。
月・水・金の11時30分~13時30分までの営業時間で、
その日の分が売り切れたら終わりらしい。
 
 
 
どうみても、営業しているとは思えないボロボロの純喫茶風の店が一件。
看板には「辛口料理」とだけ小さく書かれている。
それ以外、お店を知るヒントがない。
 
 
 
なのに・・・・
雨が降ってる中、店先に15人ほどの行列が出来ている。
それだけでも興味津々だ。
 
 
 
並んでいる最中に店から出てくるお客様を見ていると、
お腹をおさえながら、顔をしかめて、汗を流して出てくる。
 

口々に「もう、無理」「やばいわ」などと言っている。
お店から出てくる9割の人が、こんな状況だ。
 
 
 
「お店の中で何が起こってるんだ?」
 

怖いもの見たさもあり、期待(不安?)が高まる。
並ぶこと35分、ついに店内へ。
 
 
 
カウンター8席だけの薄暗い店内は静まり返っていて、
お客の辛いものを食べる時の「はーはー」と言う息づかいと、
店内でカレーの入った大きな鍋をかき混ぜる音だけがこだまする。
 
 
 
カレーのルーをかき混ぜているのは、金髪の婆さんだ。
その婆さんも一言もしゃべらない。
もちろん「ありがとう」も「いらっしゃいませ」も言わない。
 

異様な雰囲気である。
誰一人、話をするものはいない。
 
 
 
店内を見回すと、メニューがあった。
「カレー900円  たまご50円  お持ち帰りルー700円」
それだけの表示である。  
 
 
 
そして、席に座るとすぐにカレーが出てくる。
一言もしゃべっていないのに、勝手に出てくるカレー。
まるで「さあ、早く食べな!」と言われているようである。
 
 
 
とりあえず、カレーを一口食べると。
 
 
 

「え゛っ・・・・・・・・」
 
 
 

一口で、この店から出てきた客の気持ちが分かった。
半端な辛さではない。
ココ一番屋の5辛を平気で平らげる僕が言うのだから間違いない。
 
 
 
しかし、昔から「出されたものは、残さず食べなさい」
という親からの教えを守って、カレーを全部たいらげた。
 
 
 
その間15分、僕を含め話をした人はいない。
席に座って、カレーが出てきて、食べ終わって、お金を払って、出て行く。
 
 
 
そして僕も席を立つ時、ちょっと前かがみになりお腹をおさえ、
「やばい、無理。。」と呟きながら、汗をかいていた。
 
 
 
僕が店を出ようとした時、婆さんに言われた。
 
 
 
「ちょっとあんた! あと5人分やし、それ以外の人帰ってもらって」
僕は、初めてのお客様である。
でも、怖いから外で待ってる人にちゃんと伝えた。
 
 
 

あんな辛いカレーを食わせるなんて??
何で行列ができるんだ??
客商売じゃないじゃないか??
 
 
 
そして、あの婆さんは見た目からして魔女。。
そこで僕は「魔女カレー」と命名した。
 
 
 

あんなに苦しんだ(?)のに、
でも、なぜかまた、あのカレーが食べたくなる。
 
 
 

++++++++++++++++++++
 
 
 
どうですか?伝わりましたか?
この魔女カレーには、シナリオがあるって。
 

この婆さん自身は、気づいていないかも知れませんが。。
あなたの商売でも「儲かるシナリオ」の存在に気づいていなかったり。。
 

さて今回のまとめです。
 
1.思わず紹介してしまう(強烈な味)
 

2.わかりやすいルール(実質1つだけのメニュー)
 

3.希少感(看板なし・2時間・売り切れ)
 
 

あなたのビジネスにも置き換えてみてください。
 
 
 
 
 
「自分のビジネスに置き換えて、   
 

       まずは真似てみること
 

           すぐに実践すること 」
 
 
 
インターネットの場合でも同じことです。まずは、売れるシナリオを描くこと。実商売があるのであれば、そこには必ず売れるシナリオが存在しています。
 

それを、上手にインターネット上で機能させてあげるだけで、全国から注文が来たり、見込み客やお問い合わせが殺到します。
 
 
 
PS:「魔女カレー」一度食べてみたいって思ったあなた
  実は講演で話すと「場所を教えて欲しい!」ってよく言われるんですよ。
  今度、講演でお会いした時はお伝えしますね。

 

第1話 「ネットは利益を運ぶ賽銭箱だ!」前のページ

第3話 「ネットで180万円の商品を売り続ける男!」次のページ

関連記事

  1. 第10話 「絞込み」の必要性と重要性

  2. 第9話 「インターネットで、儲けるコツ!」

  3. 第6話 「儲かるお客様の声」

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第111話 中小企業における嘱託再雇用時の給料水準
  2. 経済・株式・資産

    第15話 管理することで生まれる利益もある
  3. コミュニケーション

    第39回 社内で手書きの手紙を残そう
  4. 後継者

    第92回 会社の規模は小さくても社会貢献
  5. 人事・労務

    第133話 コロナ禍による業績低下時の賞与支給の考え方
keyboard_arrow_up