menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第112講 「論語その12」
我を博むるに文をもってし、我を約するに礼をもってす。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学


【意味】
自分の心を教養という包装紙で表現し、自分の行動を礼法という包装紙で表現する。



【解説】
 現代語では「文=文字、文字で書いた文章」の意味合いが主流ですが、古代の「文」は(1)外面を飾る模様の意から派生し、(2)自分の本心を文章で包装したもの(手紙)、(3)自分の本心を包み込む教養品性などの意にもなります。よって掲句の「文」は、自分の心の状態(気持ち)を包んで差し出す包装紙のようなものと捉えます。
 これに対して「礼」は現代語とほぼ同じで、(1)行動秩序を保つための作法、(2)挨拶などの礼儀作法、(3)内面品性からにじみ出る立ち居振る舞いとなり、掲句の「礼」は、日常行動を包んで差し出す包装紙のようなものになります。
 
 一般に生きることは、「自分の心境と行動を世間に晒す」ことですから、我が心と身体の表現提供法(包装法)に気を配る必要が生じます。その表現の際に頼りになるものは、心にあっては自分が身に付けた教養品性であり、身体にあっては自分が身に付けた礼法となります。したがって「博ろむるに文」とは心を教養品性によって表現することであり、「約するの礼」とは身(行動)を礼法に従って表現することになります。
 これを魚料理に例えてみます。猫の餌であれば丸ごと魚を放り投げれば済みますが、格式を誇る料理店となれば、その素材を刺身や煮つけに料理し、皿や膳に気を遣い、料理を出す部屋の雰囲気や賄いさんの作法にも配慮をします。
 論語の別な言葉に「文質彬々として、然る後に君子なり」とあります。文とは外見の飾りや風格であり、質とは心の中味の品性ですから、外見の風格と内面の品性が共に立派な人物が君子(立派な人物)となるのです。
 
 明治大正時代に活躍した田山花袋の『田舎教師』に、次のような記述があります。
 「青瓢箪(あおびょうたん)のような顔をして居る青年ばかりこしらえちゃ、学問が出来て思想が高尚になったって、何の役にも立たん」。
 別な角度から見れば、「学問には学理と活理の二段階」がありますが、机上の学問の理屈は学校では教えやすく、学問の実践活用は職場体験に繋がり、閉鎖社会の学校では教えにくいといわれます。しかし教える側が活理の工夫をすれば、意外に実践的になるものです。
 簿記会計学は「損得の学問」といわれ、その基本原理の算式は、「収益-費用=損益」となりますが、この算式を覚えたところで金儲けはできません。しかし学問した者を学問しただけ幸せにするのが、教える者の力量ですから、次のよう教えることにより立派な活理の実践学となります。
 「腰を曲げて声を出すお辞儀の費用はゼロであるが、
      上手な挨拶をすれば相手方に好印象という収益をもたらす。
            これが『挨拶応用上の損得の学問』である」(巌海)

 

杉山巌海

第111講 「論語その11」 巧言令色、鮮なし仁。前のページ

第113講 「論語その13」 君子は泰(やすら)かにして驕(おご)らず。小人は驕りて泰かならず。次のページ

関連記事

  1. 第11講 「言志四録その11」
    自ら利を専らにすれば、怨みを取るの道たるのみ。

  2. 第4講 「言志四録その4」
    余は少壮の時、気鋭なり。 晩年に至り、意のごとくなる能わず。

  3. 第117講 「論語その17」
    義を見てせざるは、勇なきなり。

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第10回 年度末のおつきあいは、やめなさい!
  2. ブランド

    <事例―6 東レのアルカンターラ(B2B)>高級車市場のシートや内装材に絞り込ん...
  3. 人間学・古典

    第71講 「帝王学その21」 一家の哭するは、一路の哭するにいかんぞや。
  4. マネジメント

    逆転の発想(14) 弱者が強者を破る鉄則(佃製作所とベトナム戦争)
  5. 人間学・古典

    第18回 リーダーを支える者(3) 周亜夫(しゅうあふ)の厳格さ
keyboard_arrow_up