menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.33 社長がもっともっと有名になる努力

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 2003年7月11日号のフライデー「86ページ」を読んでいただきたい。
 
 北海道は名寄市に本社のある「サラダメロン」佐久間社長が20年以上研究を続けて商品化している「カバノアナタケ」という商品とともに紹介されている。同じ苗字でもあり、10年来親しくさせていただいている社長だ。
 
 今回、ほぼ独力で米国特許も申請するなど「カバノアナタケ」に賭ける情熱は、たぶん世界一だと思う。
 薬事法の関係で「効く」「効かない」の表現を入れることはビミョーだが、ガンやHIVに関してのデータも着実に集まっている。
 
 中堅・中小企業にとって商品を広くPRすることは、非常に大切であることは当然だ。しかし、商品の前に社長自身の存在や哲学や思想自体が本当の商品である場合が多い。
 
 有名になると、仕事が上手く運びやすい。もっともっと、売名行為ではなく、有名になる努力を戦略の一つに入れて欲しい。

 

Vol.32 言霊のエネルギー前のページ

Vol.34 社長に「二言」はない次のページ

関連記事

  1. Vol.118 業績を伸ばし続ける一枚岩組織をつくる

  2. Vol.122 2008年・注目のベトナム3大都市  視察レポート 4

  3. Vol.72 会社の中味を3年前に比べ、どう変えましたか?

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    <事例―14 一休(B2C)>あえて上質な企業と顧客を狙った・・それが一休だ
  2. 社長業

    Vol.132 「社員が武器をもつ」と、やっぱり強い会社になる
  3. マネジメント

    第31回 社長の「見た目」はとても大事
  4. マネジメント

    第85回 特別対談:株式会社トランビ代表取締役 高橋 聡氏(最終回/全3回)
  5. マネジメント

    第137回 質問「会社を上場させる意義を教えてください」
keyboard_arrow_up