menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.35 I社長に叱れた!

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 8月の休み前に、6名の社長と飲み会をやっていたところ、I社長が長野県下の高収益会社の事を話された。
 地元では、非常に評判の高いタクシー会社であり、長野オリンピックで、3倍の利益を捨ててまで「お客様の信頼」を守ったエピソードなどを話された。
 その会社がやっている「長距離サービス」に話が及んだところ、「とてもその値段では、モトが取れないな!」と思った私が、「それって宣伝や評判の為じゃないの?」と口走ってしまった。
 
一喝!
 
 「体験しない、自らやってみないでしゃべるのは評論家だ」と。
 実際、よく聞いてみると、その部門で売上5億、利益1億だとか。ただ、これも聞いただけだから・・・。
 
 今回伝えたかったことは、「実体感主義」である。
 TV・雑誌・新聞・伝聞・・・すべてニュースソースであるが、社長自ら、体験してみて「商売人の目で感じることの大切さ」だと、叱られたあとつくづく反省した。
 
 記者や、サラリーマンにはない、独特の嗅覚を社長は持っている。他の商売でも何でも、繁盛している店や商品は、時間とカネの許す限り必ず自分で行き、部下にも体験させ、「感じる力」をつけることが実学だ。
 
 「I社長」ありがとうございました。

 

Vol.34 社長に「二言」はない前のページ

Vol.36 公利公欲が繁盛の原動力次のページ

関連記事

  1. Vol.21 人間通への逆バリ10大項目

  2. Vol.148 我社の次の業績牽引車をつねに準備する

  3. Vol.100 「気をつけよう」を、社内の禁句に

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第1話 「人こそすべて、人が企業」
  2. サービス

    第134話 《軽快なタッチのお料理+七ツ星で提供しているカレーでランチ》デフィ・...
  3. 人間学・古典

    第15話 「根付かない寄付文化」
  4. 教養

    2017年5月号
  5. 健康

    第50号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(4)
keyboard_arrow_up