menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.91 「2006年の重点戦略の変動点はどこですか?」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 年頭に当たり、2006年の重点方針を発表された社長・会長も、多くいらっしゃると思います。
 
  重点戦略の実現の為に、経営者の思考時間と行動時間を優先的に割り当ててください。オーナー経営者の場合、正直「戦略」にも「戦術」にも「戦闘」・・・社内のあらゆることに心を配り、時間も分散的に使わざるを得ない状況が多いのが現実です。
 
  長年、理事長の牟田學「実学の門」コースを担当してましたが、戦略決定の3大要因は、
 
 1.経済・自社業界の環境
 2.成長拡大と安定の同時両立
 3.自社の体質(受注と見込み)強化の戦略
 
 であり、必然として「儲かる経営体勢」を築くことが、戦略立案の目的です。
 
  そのためには、徹底して三現主義(現場、現実、現物)で、社長自身がお客様が喜んで買っていただける商品・サービスの仕組みを考え抜き、昨年までと戦略を転換する根本部分を、全社員に示すしかありません。
 
  粗利益率が下がらずに順調に売上増大していれば、戦略転換することなく、市場攻略していけばよいのですが、御社の状況はいかがですか?
 
  新聞、マスコミの情報はどうしても東京中心、大手中心になりがちです。自分の目と耳と足と皮膚感覚でとらえてください。必ず、自分たちの過去の常識で はありえない「へぇ~~!!」「わぁ!すごいね」を感じたら、その切り口を糸口にして戦略を組み立てなおすキッカケになるはずですから。

 

Vol.90 「”経営を楽しむ”塚越会長のひと語」前のページ

Vol.92 「人に仕事がつく、仕事に人をつける」次のページ

関連記事

  1. Vol.94 「新商品開発の成功確率を上げる共通言語」

  2. Vol.47 社内力学が市場力学に勝つと・・・

  3. Vol.100 「気をつけよう」を、社内の禁句に

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第1回 政治家と政治屋の違い
  2. 健康

    第33回 後生掛温泉(秋田県) 標高1000メートルの湯宿は「スーパー銭湯」の原...
  3. 健康

    第1回 経営者・リーダーにこそ「氣」が不可欠
  4. 経済・株式・資産

    第66話 なぜ外資の中国撤退が加速するか?
  5. 社員教育・営業

    第48講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ  筆者体験事例(...
keyboard_arrow_up