menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第4回 AI小説

社長のメシの種 4.0

4-1.jpg
 Botnik Studiosというクリエイティブ集団が、AI(人工知能)にハリーポッター全7巻を学習させて「ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像」という新作を書かせた。
 
 この小説には、「ロンがタップダンスをしてからハーマイオニーの家族を食べる」「ハリーが自分の両目を引き抜く」「ハリーが夏の間ずっと螺旋階段を落ち続ける」などの話が描かれており荒唐無稽だが、従来のAIを使ったチャットや物語とは違う手法で書かれており、注目されている。
 
 それは、この新作がAIに「ハリー・ポッター」を読ませ、学習させて、「ハリー・ポッター」の小説でこれまでどのような言葉が使われているかをベースに文章を進める提案をする「予測入力キーボード」を使い、多くの人々がこれを使って作った文章を提出、その中から優れた文章を選んで編集したものだからだ。
 
 Botnik Studiosは、「人間と機械がコラボして、どちらも単独では生み出せないものを考えつくことができようにする」ためにこのプロジェクトを行っている。
 
 この新作小説の公開ページを日本語訳した、トマ・ピケティ著「21世紀の資本」の翻訳でも知られる山形浩生氏は、「ウィリアム・バロウズが人間の構成力とキャパシティでほんの片鱗だけやってみせたことを、人工知能は一瞬でやってのけている」として、「人工知能は人間の知能や創造性がいかに制約され、型にはまっているかを明らかにしている」と書いている。
 
 確かに、一昨年のGoogle DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」と世界チャンピオン・イ・セドルとの対局でも、AIは今まで人間が考えつかなかった手を打っている。
 
 そこから、私もAIは人間が持つ固定概念を越えた新しい発想を提供するものではないかと考え始め、今後はAIと人間のコラボにより、今まで思いつかなかった新たな発想やフロンティアを発見できる可能性が出てきたのではないかと期待している。
 
 人間が自動車と競争しても勝てないように、囲碁や将棋や計算などでAIと競争するのは無意味で、それよりもAIの助けを借りて新たな世界へ踏み出すことが重要だ。
 AIの「常識がない」という弱点を逆手にとり、人間が囚われている制約や思い込みを飛び越える道具として利用することにより、小説や音楽などの創造的作業もマーケティング、商品開発、サービス開発、販売手法など、ビジネスに直結する仕事も飛躍的な進歩が生まれてくる時代に突入しつつある。
 
 AIに仕事を奪われるのではなく、AIによって仕事が広がる時代が来そうだ。
 
 
 
 
 
 
 
======== DATA =========
●Botnik Studios(英文)
 
●ハリー・ポッター予測入力キーボード
 

第3回 旅かえる前のページ

第5回 偽ニュース次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンスCD

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンスCD

関連記事

  1. 第85号 ブラジルの日系企業(1)

  2. 第111回 原宿周辺のパンケーキ店行列

  3. 第136回 「A級グルメ」で町づくりに取り組む

最新の経営コラム

  1. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  2. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

  3. 挑戦の決断(42) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜 中)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第105話 中小企業の事業承継(8)
  2. 仕事術

    第36回 4Kそして8Kがやって来る
  3. 税務・会計

    第73号 BS「格言」 其の二十三(1)
  4. 経済・株式・資産

    第108話 中小企業の事業承継(11)
  5. 人事・労務

    第75話 マイナンバーに関するご相談について
keyboard_arrow_up