menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第143回 AI活用時代

社長のメシの種 4.0

2024年は企業や個人が日常的に生成AIを活用する年になる

2023年は「ChatGPT」の登場により「生成AI」の年となり、2024年は企業や個人が日常的に生成AIを使う年になりそうだ。


大規模言語モデル(LLM)によるチャット(対話型)AIは、OpenAI社の「ChatGPT」の登場で一躍脚光を浴びた。

その後グーグルが「Bard(バード)」「Gemini(ジェミニ)」、メタが「Llama2(ラマ2)」、アンソロビックが「Claude(クロード)」などを出し、今後は競争が激化すると思われるが、これらの生成AIチャットに同じ質問を同時に投げかけるサービスも登場している。


これは「Chat Hub(チャットハブ)」というサービスで、ChromeブラウザでWebページを開いて、質問したいAIChatを選ぶと返答を得ることができる。

ChatGPT、Bard、Gemini、Bingに「2024年の株価予想」を聞いてみたところ、ChatGPTは「2024年のS&P 500の予測によると、平均的なターゲットは4,836ポイントで、これは約6.3%の上昇を示唆しています。」、Geminiは「S&P500:4,500~5,000ドル、ナスダック総合指数:1万6,000~1万8,000ドル、ダウ平均株価:3万7,000~4万ドル」、Bardは「2024年の株価予想は、専門家の間でも意見が分かれています。」とした上で「強気派は、日経平均株価が38,000円~40,000円程度まで上昇すると予想、弱気派は日経平均株価が35,000円~38,000円程度にとどまると予想」、Bingは「2024年の日本株相場について、複数の予想があります。」として「2024年末の予想をマネックス証券:3万8000円へ上昇、野村證券:3万8000円から4万2000円程度」とした。


ChatGPTは2022年11月30日の登場当初(GPT3.5)では2021年9月までの情報しか持っておらず、このような質問をしても答えてくれなかったが、今ではChatGPTを含めてリアルタイムのWeb検索も併用して回答してくれるようになっている。


今後は「ググる(Web検索)」の代わりに生成AIを利用する人が増えると考えられる。

次のページ

1

2

第142回 創造を伸ばす年前のページ

第144回 最近のEV関係ニュース次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 《デジタル革命・AI最新技術》

    音声・映像

    《デジタル革命・AI最新技術》

  3. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

関連記事

  1. 第172回 春節

  2. 第101回 酒々井プレミアム・アウトレット

  3. 第78回 1人1台端末(GIGAスクール)

最新の経営コラム

  1. 破綻企業の「4つの不良」…「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は経営破綻においても同じだ(第3話/全8回)

  2. 第30講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑰

  3. 第126回 食品小売りの覇権争いは地域密着型の食品スーパーの圧勝で決着(ヤオコー)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    人の心を取り込む術(20) 部下の意見を聞く耳(黒田如水)
  2. 社長業

    Vol.31 社の歴史をキチット残し伝える
  3. 仕事術

    第130回  デジタル化で機械部品の調達を合理化
  4. キーワード

    第63号 東京おかしランド
  5. 仕事術

    第129回 日本の超高画質映像技術でデジタルアート新時代
keyboard_arrow_up