menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第113話 高額退職金支払いは リスクが大きい?

強い会社を築く ビジネス・クリニック

私はオーナー社長の高額退職金の支払いを薦めるコンサルタントです。
ほとんどの税理士は高額退職金支給(3億円以上)これには腰が引けます。
それは、高額退職金を扱った経験がない事と、役員退職金の扱いが2011年の通達で厳しくなったからなのです。必ず支払った数年後に調査が入るからです。

リスクというのは、税務当局に高額退職金を否認されると、税理士の資格や当事者の社長も莫大な税金を追徴されるからです。

私たちの事務所では、税務当局にしっかりと認めていただく為に事前照会で文章にして、手続きを取ることを行っています。それには、3つの条件をきちんとクリアーすることです。

(1)金額の算定が合理的である事
(2)形式的な基準をきちんと満たしている事
(3)実質的に実際的な基準を満たしている事
以上の3つです。


(1)社内規定の役員退職金規定が存在する事
 無ければしっかりした役員退職金規定を作成する
 日本全国の役員の給与水準も調べておく
 一般的には月額報酬(最適月額報酬) × 在任年数 × 功績倍率という式になりますが、
 功績倍率の考え方が微妙なのです(功績倍率もルール化しておくこと)

(2)高額退職金が支払える理由
 社長の功績がいかに大なるものかの説明
 財務内容から見ても支払える。次の社長人材を育てている

(3)取締役会の議事録(退職の理由、反対論、賛成論、本当に開催したのか)
 金額、月日、送金手続き
 株主総会の開催と議事録(開催日通知、本当の開催日と役員の集合スケジュール表への記録)
 登記簿変更、役員変更通知発送、銀行書類の変更
 退職金の支払い後は給料が半分以下(月額300万円が半分の150万円では否認されますので
 20万円~50万円ぐらいに)である事
 出社日、日数等勤務態勢

(4)実質的な事項とは
 後継者の社長が全権を掌握しているか、という実質が問われます
  ・部屋、机、今までとは異なる別場所へ
  ・平取締役として残る(可能です)。しかし、月1回の取締役会議のみとか、議事録にも発言は載せない
  ・取締役は退職金額を認知している事
  ・一般事務員に当局が質問
   「会長さんはお元気ですね?」
   「はい、元気です。毎日出社しておられ、退職したと言っても
   今も大きな声で役員を叱り飛ばしておられます。」など
   との言質を取られないこと

(5)代表権返上後も非常勤取締役に残る
 仕入業者、下請業者、金融機関、研究者能力、業界団体の重鎮である理由から、取締役に残る理由

 そして、照会したら「退職金の件、確かに相談を賜りました」という事を証明するためのハンコ(収受印)をもらいます

 これらの高額退職金支払いには、顧問税理士一人ではなく、我々のような専門のコンサルタントとキャリア税理士とチームを組んで実行することをお薦めします。

第112話 全損の生命保険商品、また出てます前のページ

第114話 千載一遇のチャンス 即時償却制度次のページ

関連記事

  1. 第147話 進んでいますか? ノンペーパー(紙無し)・ノンライティング(手書き無し)

  2. 第17話 聖路加病院 日野原先生にお会いして感嘆した

  3. 第130話 銀行提案の相続対策にご用心を!

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第178回 短期借入金を減じる対策!
  2. 税務・会計

    第36回 経営計画発表会で決意表明する
  3. 戦略・戦術

    第169号 6億人
  4. 教養

    2018年9月
  5. 戦略・戦術

    第160号 デジタルカタログの台頭
keyboard_arrow_up