menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

新技術・商品

第72回 「新物」は思わぬ食材にも!

北村森の「今月のヒット商品」

『新物』のいりこ?

もうひとつ。これはつい先月、6月に出逢った商品です。やはり香川県での話なのですが、高松市の佐々木進商店で目に飛び込んできたのは、いりこです。関東では煮干しと呼びますね。カタクチイワシを煮てから乾燥させた、あれです。

いりこに新物はあるのか。あるんですね。梅雨の時季、カタクチイワシは旬を迎えます。このころに獲れるカタクチイワシを使ったいりこは、同社に言わせると「もう特別ないりこです」とのこと。

 

なにが特別なのでしょう。私たち一般の消費者にもすぐに理解できます。もうとても大きな姿なんです。長さが8cmを優に超える立派ないりこ。この時季だからこその「大羽(おおば)」と称されるカタクチイワシだそうです。

 

見映えだけでも圧倒されるほどなのですが、その味わいもまたいい。佐々木進商店から教わったダシの取り方に従ったのですが、鍋に水を張って、そこにいりこを投入します。頭もワタも取らなくてそのままで構わないそう。で、数時間そのまま放っておくと、もう見事なダシの完成です。甘みをもたたえた澄んだダシでした。火にかけなくてもダシがちゃんと出来上がっていて、あとはいりこをただ取り出すだけです。

 

そのいりこは、天ぷらにすると抜群でした。ダシを取ったあとの残りであるはずなのに、実はふっくらと仕上がり、香ばしさもたまりませんでした。

 

このいりこ、同県の伊吹島、人呼んで「いりこの島」で網元の手によって加工されているものだと聞きました。水揚げしてから20分で加工を始めるのが大事だとも…。静かで小さな島から、こんなすごい商品が送り出されているのですね。

 

先ほど触れたように、新物という訴求力はきわめて強いですし、そこを前面に押し出す販売戦略は正解だと改めて感じました。たとえ、その過程で作り手側の手間が増すとしても、固定ファンをつかむうえで大きな力となっているはずです。

で、思うわけです。ほかの業界でも、たとえそれが今回のような一次産品に限らずとも、実はこうした新物のような存在(この時季だからこそと謳える存在)って、探せばあるのではないか。また、そこに、これまで見逃されてきた商機があるのではないか。引き続き、私も探し歩いてみたいと思いました。


1

2

第71回 必然性のある商品開発を!前のページ

第73回 その1秒をなぜ待てない!?次のページ

関連セミナー・商品

  1. 2023年《大ヒット商品の作り方》

    音声・映像

    2023年《大ヒット商品の作り方》

  2. 2022年《超トレンド予測》

    音声・映像

    2022年《超トレンド予測》

  3. 2020年《超!トレンド予測》

    音声・映像

    2020年《超!トレンド予測》

関連記事

  1. 第73回 その1秒をなぜ待てない!?

  2. 第74回 「そのときの不便」を解消する快作!

  3. 第75回 街づくりには「覚悟」が必要!

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第56回(こども時代の思い出に訴えかける「駄菓子屋ゲーム博物館」)
  2. 健康

    第41号 五行で見る菅新政権閣僚の人間関係
  3. マネジメント

    交渉力を備えよ(23) 現実的選択の強さ
  4. キーワード

    第72回 女性以上に深刻な男の更年期障害「LOH(ロー)症候群」~”...
  5. 人間学・古典

    第49講 「言志四録その49」 諌めを進むる者は、すべからく虚懐なるべし。...
keyboard_arrow_up