menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十一話 「トップ不可欠の任務」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

韓非子に“明主のその臣を導制する所は、二柄(にえ)のみ。二柄とは、刑徳なり”。とある

 刑とは罰を加えること。徳とは賞を与えることで、要するに賢明なトップは、賞罰の権利を公平確実に
行うことによって部下を統率するということであって、力による統率を否定しているようである。

たとえ力によって従わせたとしても、力が不足のため従うだけで心から従っているわけではない。

中国の毛沢東も
“人を服させるには説得するよりほかなく、威圧的に屈服させてはならない。威圧すれば、
結局は圧すれど服さずということになるのが常である。力づくで人を服させようとしてもだめである。”

と述べている。

よく力に依って威厳を示そうという向きもあるようだが、部下から軽蔑されているようである。
私は現職時分は、組織内で思ったこともなければ、叱ったこともなかったが、快く従い尽くしてくれた。
思うに賞罰規定を忠実に守ったからだろう。

中国昔、斉王に仕えた管中は次のように述べている。
昔から明君は、命令、刑罰、恩賞の三つの手段で国を治め、常に六つの敵を警戒した。

六つの敵とは、親族、高官、女色、追従、道楽である。
相手が親族、高官であれば命令に背いても咎めない。
相手が金持ちや寵姫であれば禁令を犯しても処罰しない。
相手が追従者や道楽仲間であれば功績がなくとも恩賞を与える。

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十話 「精神一到」前のページ

第十二話 「準備と成功」次のページ

関連記事

  1. 第二十三話 「鶏口牛後」

  2. 第二十九話 「二卵を以て干城の将を棄つ」

  3. 第三十話 「多々益々弁ず」

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第258号 営業部門と製造部門が一体となる「全社的5S」K社の事例
  2. 健康

    第23回 川原毛温泉(秋田県)落差20メートル! 川遊びも楽しめる温泉の滝
  3. 仕事術

    第89回「キャッシュレス化の本命はQR決済なのか?」
  4. 税務・会計

    第18回 営業利益・経常利益・純利益を見て経営を立て直す
  5. 後継者

    第43回 世界のオーナー企業  次世代リーダートップ40
keyboard_arrow_up