menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第五話 「名君と暗君」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機


※本コラムは2000年代に井原隆一氏が書き下ろした「不況は会社守成の好機」全41話のコラムを再連載するものです。


中国の昔、唐の太宗が“名君と暗君の違いはなにか”とたずねた。

これに対し魏徴は、“名君は広く臣下の進言に耳を傾けますが、暗君は気に入った宋臣の言葉だけしか信じてないことです”と答え、こう説明を加えた。

“特に、いにしえの賢者曰く、疑問のことあれば庶氏に問う”とありますが、聖天子といわれた堯帝や舜帝は四方の門を開け放して広く人々の意見を聞いて政治に活かしたといいます。

これに対し、秦の二世胡亥(こがい)のように宮中深く居して臣下を退け“趙高だけ”信頼していましたので雇われの諫勝が反旗を翻し、これが秦滅亡の契機になることも気付かず。また唐の屋台骨を弱体化した安緑山の反乱も張九齢は、どの言を用いたら防ぐことができたのであろう。

 私の銀行時代のこと。統制によって七行合併して一行となったため一時、派閥乱を思わせた。 旧銀行閥、地元閥、学閥、縁故閥等、そのいずれかに組しない者は人にあらず的な扱いになる。互いに相手の欠点探し。


 現在、政、財界に悪事発覚が報道されているが、その多くは内部告発によるもののようである。それらの目的はいずれも競争相手の打倒といえるものではなかろうか。しかし、告発される者の 身から出た錆、その責めは告発された自身が負わなければなるまい。


 貞観政要には次の記述もある。太宗が宰相の房玄齢に悟ったもので“昔から国王のなかには自分の感情のままに振舞うのものが多く、機嫌の良いときは功績のない者にまで賞を与え、 怒りのときには罪のない者まで殺した天下の大乱はこうしたことが原因で起っている。どうか気付いたことは遠慮なく申しのべてほしい。そちたちも部下の諫言を喜んで受けるが良い。 部下の諫言を受け入れない者がどうして上司を諫言することができようか”と。

※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。


第四話 「呼びつけできない部下を持て」前のページ

第六話「十天王」次のページ

関連記事

  1. 第二十三話 「鶏口牛後」

  2. 第九話「目的と注意力」

  3. 第二十四話 「部下の教育」

最新の経営コラム

  1. 第183回 菊寿司 @福島県相馬市原釜 ~地魚主体の握り

  2. 第七十一話_禁断の組み合わせから地域活性化へ - 和歌山県田辺市のうなぎ販売展の革新的ビジネスモデル

  3. 第179回 米国に制裁されても反米しない華為

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 愛読者通信

    「社員の給料を上げ、同時に増益も達成する」佐藤 肇氏 (スター精密 会長)...
  2. コミュニケーション

    第29回 手紙と文字から時代を考える
  3. 経済・株式・資産

    第32回 真似て、組み合わせて、工夫して高成長、高収益:「SFPダイニング」
  4. マネジメント

    第155回 『ゼネラリストという名のスペシャリスト』
  5. 製造業

    第218号 恒例!経団連洋上研修レポート
keyboard_arrow_up