menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第87号 BS「格言」 其の三十三

会社を守り抜くための緊急対策

其の三十三

バランスシートの回復には時間がかかる

 
 
 バランスシートは一度悪くなるとなかなか良くなりません。なぜなら、バランスシートは会社設立から今日までの経営の結果だからです。
 だからこそ、バランスシートの動きを見守ってあげる必要があるのです。具体的にはバランスシート月次残高推移表を作成し、少しの変化をも見逃さない気配りが必要なのです。
 そしてバランスシートを強くしてあげる必要があるのです。
 
 もちろん、悪化したバランスシートをいきなり改善できることもあります。
 それは増資です。増資を行えば、確かに短時間で体裁は整います。しかし、バランスシートが悪化した原因を排除しなければ、また同じ結果になってしまいます。これでは増資をした意味がなくなります。
 この増資ですが中小企業にとっては限界があります。オーナー会社であれば、社長が自己資金を会社に出資しなければならないためです。
 
 では、オーナー会社において第三者が出資をする場合はどうなるでしょうか。
 例えば、資本金を1,000万円、発行済株式数を200株、発行価格を1株5万円とします。
 仮に2,000万円の増資を行う場合、それを第三者が全部引き受けるとします。オーナー社長がオーナーを維持するためには、社長は、最低でも51%の株式を保有しなければなりません。具体的な株式数は、第三者は最高で199株になります。2,000万円を199株で割りますと、10万円強となります。
 つまり、株価が5万円から10万円に上昇したことになります。
 大切なのは、1株10万円の根拠です。簡単な計算をしますと、会社の純資産を株式数(200株)で割った金額が10万円になるかどうかです。
 これをクリアできなければ、増資はできません。
 
 だから、通常は、売上計上→利益確保→バランスシートの財産増加という流れのなかでバランスシートの改善を図ることになります。だから、時間がかかるのです。
 
 ここで、中小企業経営における3つの壁の話をします。
 「借入の壁」 社長が個人的に借入れをするにしても、湯水のように借りることはできません。その対策として、資金調達の窓口はひとつより複数あった方がやはり安心でしょう。
 暴力団排除条例の存在は知っていても、資金が必要であれば、そこに足が向いていくこともあります。いけないこととは分かっていても、会社を何とかしたいという一心なのです。
 しかし、そんなことをしますと、本当に泥沼にはまってしまいます。
 やはり、ここは我慢しましょう!
 
 「出資の壁」 先ほどもお話しした通りです。
 オーナー社長は、第三者からの投資にはとても慎重になります。自分の会社ではなくなるから当然のことです。実は、上場を躊躇する瞬間が、「自分の会社でなくなる」と感じたときなのです。
 自分の会社に投資するとき、不安と恐怖を感じることがあると思います。それだけ会社と事業にリスクがあるということになります。
 会社のリスクを知らない社長があまりにも多いので、これは逆にチャンスです。最低10個、事業のリスクを書いてみましょう。
 普段は、自分の会社のリスクを意識しない社長でも、自分の会社に投資をすることを考えたとき、何かしら、怖くなるものなので、このようなとき、リスクを書き留めておくといいのかもしれません。
 
 「売上の壁」 これ以上、なかなか売上が上がらなくなる時があります。そのようなとき、とにかく売上をあげようとしますと逆に経費がかさみ、利益が少なくなっていきます。
 これが売上の壁です。
 原因は社長にあります。とかく創業時は社長が売上のほとんどをあげているものです。それが当然だと思っていますし、先ずは、他の人以上に売上を上げなければ社長として格好がつかないこともあります。
 しかし、社長個人で売上を上げることは必ず限界がきます。
 3億円までは順調に売上が上がったにもかかわらず、そこからどうやっても増加しない会社がありました。
 営業を増加しても変わりません。
 何がいけないのでしょうか。
 たんに営業マンを雇用しても、結局は、社長の力が大きな会社は、時には、社員が萎縮することもありますし、自分達ができなくても、結局は社長が売上を作ってくれるという甘えもあるかもしれません。
 社長がすべきことは、徒に営業マンを増やすことではありません。
 社長の分身を自らが探すべきなのです。自分の分身であれば、同じ売上を上げることができるはずです。
 自分の分身を育成することなく、社員数だけ増やし、組織を大きくしても、経費がかさむだけです。
 自分の分身の育成ができなければ、売上は現状維持かもしれませんが、それはそれで良し! とすべきなのです。
 
 
 
 

第86号 BS「格言」 其の三十二前のページ

第88号 BS「格言」 其の三十四次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長のための「お金の授業」(年間スケジュール)

    セミナー

    社長のための「お金の授業」(年間スケジュール)

  2. 公私混合経営マニュアル

    公私混合経営マニュアル

  3. 「公私混合で考える《経営と蓄財》」

    音声・映像

    「公私混合で考える《経営と蓄財》」

関連記事

  1. 第96号 BS「格言」 其の四十一

  2. 第20号 中小企業もM&Aを考えるときが来た

  3. 第8号 連結バランスシートが実質的債務超過だと再建困難

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第56回 『異見も意見』
  2. 社員教育・営業

    第33話 成長課題 管理職の部下育成術(33)
  3. 健康

    第59回 湯田川温泉(山形県) 湯船は小さいほどいい!? 源泉供給量トップの湯
  4. キーワード

    第57号 シャネル 2つの企画展
  5. 教養

    2012年5月号
keyboard_arrow_up