menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.60 嫌われても「頼られる営業マン」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

業界で「マムシ」と陰口を叩かれながらも、売上を上げ続けたスゴ腕の営業マンがいる。
創業3年目の超弱小企業に入り、20年間で売上20倍に伸ばした。どこの得意先を訪問しても先発納入先と業界大手がスペースをとっており、仕入れ担当とも入魂で、つけ入るスキがない。
 
■好かれる営業マンになって人間関係を
  ・・・これでは時間がかかり会社が持たない。
 
■一番嫌われても「頼られる営業」「存在感のある営業」になろうと、
  真剣勝負で挑み、注文をもらうまで帰らない。
 
ついたあだ名が「マムシ」
 
ただ、しつこいだけでは、会社を背負うトップ営業マンになれない。
 
○自社商品・ライバル商品についてのプロ情報はもちろん、業界発展への信念。
○正論で相手を論破できる商談話法と力量
○無理にはキチンと「NO」を言う
○ケンカの仕方にも筋を通し切る
○会社の代表として堂々と振舞う・・・などなど。
 
聞けば当り前だが、いざ現場になると出来ないことばかりだ。
 
実は、この本を書いた島田士郎先生とは、10数年前から接触はあるが、今回初めて2時間お話を伺った。
 
正面から相手の顔を射るように見る「目の力」に圧倒された。
 
さすが「マムシ」の異名である。
 
さて、自社の営業マンに「マムシ」はいるだろうか?最近面談した営業マンに「マムシ」はいただろうか?いれば「スカウト」も重要な売上増大だ。
 
著書「お客様から一番嫌われる営業マンになりなさい」(すばる舎)

 

Vol.59 新聞紙も使い方次第で高付加価値前のページ

Vol.61 中国戦略をもう一回じっくり練り直す次のページ

関連記事

  1. Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる

  2. Vol.147 成功のための「三練磨」

  3. Vol.134 やっぱり「展示会」に行ってみよう!

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
  2. マネジメント

    第189回 数字で話す、教える
  3. 仕事術

    第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!
  4. 税務・会計

    第95号 BS「格言」 其の四十
  5. 教養

    2015年12月号
keyboard_arrow_up