menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.83 自社の「主力商品」はキチンと相手に伝わっていますか?

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 先週の土曜日にあるメーカーの全国展示会(13ヶ所)の横浜会場を訪問してきた。
 
 昨年より、一社単独で開催しているとの事で、業界の展示会にブースを借りて出展するのとは、全然ちがった受け取り方を得意先がされる。
 
 一番多い反応の一つに「お宅には、こんな商品もあったの?」「いやー全然知らなかった」という得意先からの声である。
 
 もちろん総合カタログには、カラー写真でバッチリ載っていても、常日頃、営業マンや、代理店の営業がPRをキチンとしていないと、現場で実際に使う人達に届いていない。
 
 これは、お客様が、法人であろうが、個人客であろうが同じことだ。いくら売り手が、いい商品をいっぱい揃えていても、相手の目の前で見て頂くか、いざ使う時、オーダーする時に思い出してもらえなければ、商品は、無いのと同じである。
 
 担当営業マンのせいにしてはいけない。会社の仕組みとして、得意先に誰がやっても伝わる仕組みを作らなければ、強い会社、大きい会社にならない。
 
 実際に見て、触って、動かして、食べてみて・・・体験して頂くことが一番大切である。
 
 社外報も、イベントも、カタログも、HPも、季節の挨拶のハガキも、自社のニュースレターも、名刺のウラ側も、封筒も、まだまだ工夫の余地があるはずだ。
 
 是非、その目線で見直して欲しい。古い会社や、特徴のある商品が頑張っているほど、売り手も買い手も、固定概念をもってしまい「あの会社には必要がない」とか「あそこの会社はあれがカンバン商品だよ」と思い込んでいる可能性が高い、恐いことだ。

 

Vol.82 ”情報を太くする”と商売も太くなる前のページ

Vol.84 「部長・取締役に登用する大切な大切な条件(力)」次のページ

関連記事

  1. Vol.110 「社長が持つべき、最高の財産」

  2. Vol.29 スロービジネスの本質は一体何?

  3. Vol.65 社長は「雲隠れ」する習慣を

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第220号 「個人消費」の未来像とは
  2. マネジメント

    挑戦の決断(38) 譜代随一の功臣を切る(徳川家康、秀忠)
  3. 人間学・古典

    第40講 「言志四録その40」書は妄りに読むべからず。熟するところありて可なり。...
  4. 経済・株式・資産

    第93回「タワーマンションを取り巻く環境変化」~不動産市況・税制改正・経年劣化の...
  5. 社員教育・営業

    第81講 クレーム対応成功の法則はまず『親身的対応7つの手順』で運ぶこと(9)
keyboard_arrow_up