menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第44話 退職後の就業制限は可能でしょうか

「賃金の誤解」

 ある中堅企業での話です。

 わが社で育てた33歳の生抜き中堅社員の事なのです。営業担当としての折衝力と商品知識を高く評価されている彼を営業のエースとして育てよう、先を見据えての人材育成を考えていたのですが、意に反して、期待の彼が辞表を提出してきました。
 上司は何とか思いとどまるように説得に努めたのですが、辞意は固く、撤回させることはできませんでした。
 しかし彼がわが社で身につけた仕事力と人脈を同業他社で活かし、活躍されたのでは損害が大き過ぎる。退職後の就業をなんとか制限することはできないか。退職後1年位は会社の営業区域内での競合会社への就業を禁止しようというのが経営陣の意向でした。

 幸いわが社の就業規則には以下のような条文があります。

第○条 退職後1年以内に会社の業務区域において、同種ないし類似の業務を行い、または同業他社に就業してはならない。

 この条文を根拠に就業を制限できる可能性があるのでしょうか。

 この社員の場合、実力社員とは言っても経営に関わる重要な地位にいたわけではありません。結論としては、就業規則に定められていても強要は無理と言えます。
それでも競合他社への就職を制限したいと言うことになれば、退職にあたっての条件提示が必要であり、双方納得の上で誓約書を取り交わすことが必要となります。

 ①退職後○年以内
 ②業務区域
 ③特約を締結

 退職社員の自由な職業選択に規制をかけるわけですから、それなりの特約が必要となることは覚悟しなければなりません。
 最終的に裁判になったケースでは、この「代償措置の有無」が、大きな争点となっています。例えば、特約としての退職金の割増を受給したにも関わらず、競業避止義務に違反した場合には、退職金の減額、損害賠償の請求、競業行為の差し止め請求等が可能です。
  しかし、そうした裁判まで覚悟しての特約となれば、それなりの価値を認められた重要人物の退職後○年の保障額ですから相当大きな金額となる筈であり、実際には困難な話でしょう。

 企業に比べれば弱い立場の労働者の「職業選択の自由」は憲法で守られているわけであり、そのような退職に伴うトラブルは避けたいところでです。そのためには、上司と部下が常日頃から相互理解を深め、将来を託すに値する社員の処遇については、公正な評価と納得の上で、活躍の場をタイムリーに提供すると同時に、10年後、20年後の自身の将来が描ける完成度の高い賃金制度が導入され正しく運用されていることが必要なことは言うまでもありません。

第43話 上司の熱血指導で新人が辞めてしまった前のページ

第45話 2013年の春季労使交渉次のページ

関連記事

  1. 第126話 今後の賃金動向と中小企業の賃金政策を考える(4)

  2. 第88話 平成28年度地域別最低賃金額改定

  3. 第94話 2017年春季労使交渉と賃上げ動向

最新の経営コラム

  1. 破綻企業の「4つの不良」…「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は経営破綻においても同じだ(第3話/全8回)

  2. 第30講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑰

  3. 第126回 食品小売りの覇権争いは地域密着型の食品スーパーの圧勝で決着(ヤオコー)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    組織を動かす力(10)揺るがない人物評価
  2. 経済・株式・資産

    第7回  資産の色分けによる相続対策と資産管理 1 
  3. 教養

    第23回 『心との戦い』(著:ヒクソン・グレイシー)
  4. キーワード

    第81回“世界最短睡眠民族”ニッポン人を救え!~りゅうじ...
  5. 仕事術

    第23回「ビジネスにお薦めの超小型スピーカー ベスト3」
keyboard_arrow_up