menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

愛読者通信

「社長個人と会社のBSを合算してわかること」
海生裕明氏(公認会計士)

「愛読者通信」著者インタビュー

 

 中小企業の経営者に、社長個人と会社のバランスシートを合算する〈連結バランスシート経営〉を、日本で最初に提案された異色の公認会計士・海生(かいお)先生に、その目的とメリット、さらに今後の経営のあり方を伺った。

海生裕明(かいお ひろあき)氏
「会社のおカネ」と「社長個人のおカネ」を合算しておカネの損得を考えることを提唱する、オーナー経営に精通した公認会計士。学習院大学経済学部卒業後、数種の仕事を経て、経営コンサルティング会社を設立。2006年、証券会社において株式公開引受及び投資銀行担当役員を経て、現在、中小企業等の経営を支援するため、電気代を実質ゼロ円にすべく、水素エンジン発電を開発中。1958年生まれ。
 著書に『公私混合 経営マニュアル』『連結バランスシート経営で会社を強くする』(共に日本経営合理化協会刊)など多数ある。

 

Q:会社と社長個人のバランスシートを合算する経営を提案されておりますが、その目的は何でしょうか?

 オーナー会社が多い中小企業の場合、会社のバランスシートだけでは本当の実態がわかりません。
 会社と社長個人のバランスシートを合算した連結バランスシートこそ、会社の本当の会計情報なのです。
 その証拠に、オーナー会社の場合、金融機関や投資家が一番見たい会計情報とは何かといえば、この会社と社長個人のバランスシートを合算した連結バランスシートなのです。
 そのことがわかったときに、わたしは連結バランスシートをもっと経営に生かすべきだと考えたのです。
 実は、連結バランスシートは事業承継や相続の時に必ず必要になる、とても重要なものです。
 さきほどお話ししたとおり、この連結バランスシートによって、会社の本当の実態がわかります。本当の実態がわかれば、今後どういう手を打てば良いかがわかります。それによって経営が良い方向へ変わっていきます。
 次に、良い公私混同と悪い公私混同の区別がはっきりします。会社が良くなる公私混同であるならば、大いにやるべきでしょう。
 経営はきれい事では済まされません。中小企業の社長は誰も守ってくれない。自分で自分自身と会社を守るしかないのです。
 そのほか、後継者が会計に強くなるなど、合算するメリットは多くあります。

 

Q:そもそもバランスシートを重要視しない経営者が多いですが、そのような考え方の経営者に対して、どのような話をされていますか?

 一般に、損益計算書は一年間の会社の収益と費用の状態を表していますが、それはすでに終わった過去の会計情報です。ですから、いくら損益計算書を見ても、今後どういう経営をすればいいかがわかりません。
 一方、バランスシート(貸借対照表/BS)は、創業以来の積み重ねられた情報が網羅されています。言い換えれば、バランスシートには会社の問題や体質が表れていて、今後、会社を良くするために何をしなければならないかがわかるのです。
 本来、会計情報とはこれからの経営に役立つ情報であるべきです。
 だから、われわれ会計や投資のプロが、会社の良し悪しを判断するときは、損益計算書を見ないで、バランスシートを重要視するのです。
 社長も継続的に良い経営をやろうと思えば、バランスシートを重要視する経営をしなければならないのです。

 

Q:会計士の立場から、今後の企業経営で、大切なポイントを3つあげてください。

 最初に大切な3つのポイントをあげましょう。
 1つめは、社長は月次のBS残高推移表を見て、今後の経営判断をすること。
 2つめは、本業に関係のない、不要な資産をもたないで、できるだけバランスシートのスリム化をはかること。
 3つめは、1年後、2年後、3年後の目標バランスシートをもって経営すること。以上、3つです。
 まず1つめの「月次BS残高推移表」とは、3つめにあげた「目標バランスシート」に近づいているかどうかをチェックするためのものです。
 月次のBS残高推移表を見ながら、目標を達成するための経営の舵取りをするのです。そのためには月末から5日以内で試算表をつくる必要があります。 よく経理担当者が、請求書が揃わないので、試算表ができないと言います。詳しいことは本の中でお話ししましたが、社長は担当者のそんな言い訳を絶対に認めてはいけません。やれば簡単にできるようになります。
 2つめの、バランスシートのスリム化はいわゆる「もたない経営」をするということです。会社と社長個人のバランスシートを合算した連結バランスシートを見れば、なにが不要かがわかります。筋肉質の財務基盤にしておけば、少々の金融恐慌が来ても、会社がつぶれることはありません。
 3つめは、目標とするバランスシートをもって経営することです。多くの会社は、売上利益の計画を立てますが、売上や利益が増えても、バランスシートが悪化することもあります。
 できれば目標とするバランスシートの計画もつくってほしいと思います。 要するに、企業経営は、BSで始まり、BSで終わるということです。

(聞き手/岡田万里)

「愛読者通信」(2013年4月)掲載

 

【経営合理化協会・関連YouTube動画】

海生裕明氏 『公私混合経営マニュアル』
著者が新刊について話しているYouTube ↓
【蓄財】会社にも社長にもおカネが残る「公私混合」経営マニュアル
https://youtu.be/7eiqZEw9ry0

 

私の人生を決定づけた出会い井上和弘氏(アイ・シー・オーコンサルティング 会長)前のページ

「中小企業がゼロから新規ビジネスの事業プランを生み出すには」酒井 英之氏(V字経営研究所 代表)次のページ

関連記事

  1. 「事業発展計画書」は事業繁栄の原動力
    牟田 學(日本経営合理化協会 会長)

  2. 「社員の給料を上げ、同時に増益も達成する」
    佐藤 肇氏 (スター精密 会長)

  3. 「次世代の経営者を育て、業績向上と事業承継を同時に成功させる方法とは」
    酒井英之氏(V字経営研究所 代表)

最新の経営コラム

  1. #4 一流の〈名刺力〉-名刺は必要?不要?-

  2. 第51回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

  3. 第155回 データをスマホからPCに簡単転送【Google Drive編】

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第76回 モバイルオーダー
  2. ブランド

    歩き方のスマートさ
  3. 税務・会計

    第26回 今こそデジタル化を一気に進めて、固定費を減らしなさい
  4. サービス

    148軒目 「《下町で愛される肉屋の焼き肉屋》肉の醍醐」
  5. マネジメント

    逆転の発想(10)  将の器が問われる撤収作戦(奇跡のキスカ島脱出)
keyboard_arrow_up