menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第44回 『赤ちょうちん会議』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

ある人がこんな調査をした。「赤ちょうちんで話されている会話の第一位は 何か」と。
予想通り、サラリーマンの話の60%以上が、「会社および上役の悪口」であった。

女性が「井戸端会議」をやるように、男のテンション、フラストレーションの解消剤として「赤ちょうちん」が利用されるのは、
必ずしも否定すべきことではない。


だが、絶対に許せないのは、アルコールの力に負けて、第三者である得意先に対して“自分の会社の悪口”をいう輩である。
(もっとも、アルコールに負けな いでいう奴もいるが…)

どんなに自分と相容れない会社の方針であろうとも、一歩会社を出たら、社員は一人残らず「会社の代表」である。
代表がその社の政策方針などに対して悪口を浴びせるのは、代表たる者のやるべきことではない。

個人として、いかに反対の立場であろうとも、社外に対しては、
“会社の顔”を堅持して、その決定に従うのが組織人の務めであろう。


この場においては、単なるゴシップとして済まされない問題となる。

人間の評価は、いろいろに分かれるものであるが、
かりに私のところへ来て自分の会社の悪口を いう人を、私は絶対に信用しない。

逆に、うらやましいのは、私との話の中で“ウチの社長は…”という言辞が、何度も誇らしげに出る時だ。
社長自身も立派だし、社員教育もキッチリできてい るに違いないと思う。

先ごろラジオで“飲酒運転撲滅キャンペーン”を展開していたようだが、自分自身でひとつ、
“社内ゴシップ言わないキャンペーン”を張ってみてはどうだろう。

ストレスが蔓延してしまうだろうか…。



新 将命     

第43回 『批判は代替案をもって』前のページ

第45回 『会議のすすめ方』次のページ

関連記事

  1. 第74回 『幸福源』

  2. 第71回 『「聞く」技術』

  3. 第126回 『本をメンターにする』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第139回 意味のある会議にする5つの視点
  2. キーワード

    第19回(有名なシンボルほど見逃されている)「なまはげ」
  3. 教養

    第54回 『職場がイキイキと動き出す 課長の「ほめ方」の教科書』 (著:船見敏子...
  4. 人間学・古典

    第三十六話 「一以てこれを貫く」
  5. キーワード

    第184回 「和」テイストのスイーツ
keyboard_arrow_up