menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第64回 『管理する側、される側』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

周囲から“御主、なかなかデキルな”と一目置かれる存在になれるかなれないかを選別されるのは、30代である。

30代が大切な時期であり分岐点であるのは、ここで機能・専門分野がほぼ特定されるという背景による。
そして、その分野のスキルをどれだけ磨くかによって、その後のビジネス・ライフが決まるからだ。


外資系の場合はやや事情が異なるが、日本の企業の場合、おおよそ30歳になった時点で本人の声を聞き、
営業なら営業、企画なら企画、海外担当なら海外担当といった具合に機能・専門分野が特定されてくる。

会社側からすれば、入社以来ジョブ・ローテーション(人事異動)に従っていろいろな分野を経験させ、
本人の適正も判断できた し、それぞれに適した仕事につかせよう、というのが30代だ。

つまり、20代から機能的・専門的能力を本当の意味で掘り下げて磨くのは30代だということである。


では、機能・専門分野が特定されたら、どういう心掛けをすればいいのだろうか。

自分の最も得意とする分野について、さらに強化すべく努力をしていくことだ。
 “このことについては、Aさんに任せれば大丈夫”といったように、第一人者となるよう全力を傾けることだ。

その意味で、仕事を絞ったり、弱い部分は捨てるぐらいの覚悟を持つことも必要だろう。

もちろん、仕事を絞るということは、減らすということではない。じぶんでやれることとやれないことを見極めるということだ。
要するに、自分でできない部分や弱点はブレーンで補う。その代わり、得意分野には一点集中するという意味だ。

強いところ、得意分野をさらに強化する努力をするかしないかで、その後のビジネスマン人生に決定的に差がつく。

逆に云えば、それまでに自分のやれるものを見つけられなかった人、見つけてもスキルを磨かなかった人は脱落すると
いっていいだろう。35歳までにビジネスマンの評価が、ある程度決まってしまうのもこのためだ。そして、30代も半ばから
は「人間的能力」を強 く意識したいものである。


この時期ともなると、“自分は営業が上手だ、経理のプロだ”だけでは、勤まらなくなるからだ。

つまり、30代前半までは機能的・専門的能力を磨く。
そして30代後半からは、マネジメント能力、人間的能力を磨くことに比重を移していく。

30代にはっきりと目的を持って一生懸命に仕事をしていけば、40代、50代でやるべき仕事・道も見えてくるはずだ。



新 将命     

第63回 『リーダーの条件』前のページ

第65回 『相場の立つ人間』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第131回 『分散化のメリット』

  2. 第124回 『10:10を軸とした差別化』

  3. 第151回 『他力で運を招く』

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第113話 高額退職金支払いは リスクが大きい?
  2. 採用・法律

    第57回 『在籍型出向で雇用が守れる?』
  3. ビジネス見聞録

    人生100年、脳の健康を保つには Dr.加藤の「講話を聴き、脳を守る」後編
  4. マネジメント

    交渉力を備えよ(45) 首脳会談は人間と人間の勝負
  5. 税務・会計

    第20号 中小企業もM&Aを考えるときが来た
keyboard_arrow_up