menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第20回「AVトレンド 「音質向上」で快適テレビ視聴」

デジタルAVを味方に!新・仕事術

薄型テレビに買い替えてから、「テレビの音が悪くなった」と感じていませんか? 近年、薄型化競争が激化するのに伴い、音質のさらなる悪化が懸念されています。

今回は、テレビの音質が悪くなった背景と、対策方法や今後についてご紹介します。今後のテレビ選びは音質が鍵に?! 画質が向上すれば、音質も良くする必要がある?!

 

薄型化と音質悪化の関係
テレビはブラウン管から、プラズマや液晶に移行し、「薄型テレビ」が当たり前になりました。しかし、薄型テレビとはブラウン管に比べての「薄型」であり、登場当初は画面部分の厚みが10cm程度以上もありました。この頃のスピーカーは、画面の両側や下側など、前面に配置され、音質面ではそれ程不利ではありませんでした。つまり、ブラウン管テレビと大差はなかったのです。

その後、技術開発による部品の小型化がテレビの「薄型化」を可能にした結果、各社は「薄型」を競い、今では50型もの大画面テレビが1cmを下回る極薄の製品も登場しています。壁掛け設置でない限り、台座の奥行きが必要なので、実際にはそれ程の薄型化は不要と言えますが、マーケティングの観点から「世界最薄」のようなフレーズは響きが良く、付加価値としても訴求し易いものです。さらに、薄型化の次は、画面の縁をギリギリまで狭くする「狭縁化」が進み、結果、テレビは映像を映す画面以外、「余計なモノ」として、そぎ落とされてしまいました。

この薄型化で大きな影響を受けたのが「音」です。きちんと音を鳴らすには、ある程度の容量を持つスピーカーが必要です。オーディオ装置のあの「大きな箱」が、今やテレビには搭載するスペースがありません。また、最新のテレビに注目すると、スピーカーがどこに搭載されているのかさえも分からなくなっていませんか? 実は、スピーカーは画面の下側に取り付けられ、音も下側へ放出される製品が多くなっているのです。これでは、音が悪くなるのも当然です。薄型テレビの音質悪化は、過剰なダイエットによる副作用といっても過言ではないでしょう。

 

digi201345.jpg

音の注目したテレビの製品例:スピーカーを画面下側に配置した製品の例


持ち直すテレビ市場

2011年、地上波放送がデジタル化(地デジ化)されるタイミングで、多くの方が薄型テレビに買い替えました。以降、テレビの売上が低迷しているのは事実です。一方で、地上デジタル放送が開始されたのは2006年、つまりその頃に購入された薄型テレビは約7年使用されている計算で、2013年~2014年はそれらの買い替えが始まる時期にあたり、需要が持ち直すと見られています。また、2006年当時は地デジ対応テレビが登場したばかりで価格も高価でした。そのような「先取り」ユーザーが買い替えとなると、画質や音質の良い、比較的付加価値の高い製品に注目が集まると考えられます。


テレビの付加価値として注目される「音」
販売の持ち直しが期待されるテレビ市場において、テレビメーカー各社は、音質に注力する動きが出てきました。例えば、ソニーが発表した次世代高画質の4K(画素数がフルHDの4倍)テレビは、画面の両側に立派なスピーカーを備え、本体背面に低音を受け持つサブウーファーを内蔵するなど、音質を大幅に強化しています。パナソニックは、上位モデルで画面の両側から前面に音を放出するよう、構造を改めました。三菱は以前から「音」に着目し、テレビとは思えない大型スピーカーを前面に配置し、オーディオとしても利用できるテレビで、他社との差別化を図ってきました。

digi201343.jpg

音の注目したテレビの製品例: 三菱電機 LCD-46MDR3

 

また、テレビを買って間もない方には、音質を強化するオーディオシステムが人気です。

例えばBOSE社の「Bose Solo TV sound system」は、テレビとテレビ台の間に設置するスタイルなので、オーディオ用に特別なスペースを設ける必要がなく、目立たないのも特徴です。それでいて、豊かな低音や肉厚のセリフ、音楽や効果音がクリアに聞こえ、「テレビの音ってこんなに良かったんだ!」と思える「音」が楽しめます。

digi201342.jpg

Bose® Solo TV sound system

 

元来、テレビ放送は、地デジ化に伴って、音声もFMラジオレベルからCDレベルに向上しています。しかし、テレビの薄型化で音質が悪化し、その進化に気付くユーザーは少なかったはずです。テレビの音質向上、あるいは、良質なオーディオシステムを追加すれば、テレビ番組も良い音で楽しめます。手の込んだCMなどでは、ハッとするような場面もあるでしょう。

また、DVDやブルーレイによる音楽や映画ソフトは、テレビよりも更に高音質で収録されています。

「音質の違いなんて分からない・・・」と言う人も多くいますが、良い音は、小音量でもアナウンスやセリフなど、人の声が明瞭で聴き取り易く、また、大音量で長時間視聴してもうるさく感じず、疲れにくいものです。

 

さいごに
2013年は、4Kと呼ばれる高画質テレビ元年となりそうです。4Kとは約4000×2000の画素数を持つテレビの通称で、現在のフルハイビジョンと呼ぶテレビ(1920×1080)に比べると、4倍の高密度を誇ります。2014年には、一部で4K画質の放送が始まったり、インターネットを通じた映像配信も増える見込みです。

50型を超える大画面と4K時代を迎え、ユーザーが相応の音質を求めるのも時間の問題でしょう。かのジョージ・ルーカス監督も、「映像と音は、フィフティー・フィフティーであるべき」とし、映画館の音質を保証する規格「THX」を立ち上げました。

メーカーや流通など、製品を供給する立場としても、消費者の立場としても、今後はテレビの「音」に注目してみてはいかがでしょうか?

鴻池賢三

第19回「NFCタグでスマホを200%活用」前のページ

第21回「オーディオブーム」が再来?!次のページ

関連記事

  1. 第23回「ビジネスにお薦めの超小型スピーカー ベスト3」

  2. 第52回 外出先から家電をまるごと操作

  3. 第30回 録画番組の、新「CM飛ばし」術

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    <事例―8 ボルヴィック(B2C)>自社の事業を通じて社会貢献活動を実践する&#...
  2. 人間学・古典

    第82講 「帝王学その32」 任用するところは、必ず須らく徳行学識をもって本とな...
  3. 健康

    第93号 意に反した人を応援する!
  4. 経済・株式・資産

    第58話 今年は中国不動産バブルの転換点になる
  5. 教養

    2019年4月
keyboard_arrow_up