menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第37号 「何をしたい?にフォーカス」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
09年が皆様にとって素晴らしい年となりますようにお祈り致します。

さて新しい年が明けましたが09年が一体どんな年になるのか?に多くの人が不安を感じているようです。

しかし、こんな時だからこそ'何をしたい、何を得たい'にフォーカスしネガティブな言葉、ネガティブな人、
ネガティブな環境から逃げることがとても重要になります。
ネガティブな人はなぜ09年が100年に1度の大変な年になる事を力説し、あなたを納得させようとします。

しかしたとえポジティブに生きようが、ネガティブに生きようが09年は必ず過ぎます。
どうせ生きなければならないのであればポジティブに考えた方がネガティブに考えるより確実に良い結果を
もたらしてくれます。

ゴルフをされる方、ちょっと考えてみて下さい。
池越えのホールで最も池を越す確立を高くする方法は一体何でしょう?

それは池を全く無視することです。
もちろんクラブ選択やターゲットを決めるまでは池に入れない為の最大限の確立の計算をします。
しかし一度打つ準備ができたら100%池を無視することです。

"池に入ったらどうしよう?"と考える事は1ミリも役に立ちません。
それよりも自分の進みたい方向(グリーン)を見続ける事が結果的に最も成功の確率を上げてくれるのです。

我々の人生も同様に'自分がどの方向に進みたいか?''自分が何をしたいか?'にフォーカスすることが
成功の確率を最も高くしてくれます。

数週間前に麻生総理大臣がハローワークを訪問した際に訪問者に"何がしたいのか?が明確にないと雇う方も
こまっちゃうよ"と発言した事が非常に問題視され国民から反感を買いました。
ようするに'何がしたいか選べるような状況にないからここにきているのに'と言いたいのでしょうが
私からすると麻生首相の発言はごく当たり前のことで一体何が問題なのか全く理解できませんでした。

自分が何をしたいのか?を分からない人を厳しい時代に喜んで雇いたいと思うオーナーがいるでしょうか?
あるいは自分が何をしたいか分からない人が仕事をしてハッピーに思えるでしょうか?

やはり自分が何をやりたいか?を明確にすることがこんな時代だからこそ更に重要になるはずです。

09年の不安を数える変わりに今一度、何をしたいのか?
どの様な年にしたいのか?にフォーカスしてみては如何でしょうか?

第36号 「嘆く人VS対決する人」前のページ

第38号 「世界No.1」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

    音声・映像

    成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

  2. 松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

    音声・映像

    松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

  3. 最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

    音声・映像

    最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

関連記事

  1. 第28号 「正しいイメージ VS 間違ったイメージ」

  2. 第80号錦織選手が変えた日本人の「Belief System 」 

  3. 第65号「世界No.1プレイヤーが待たされていた」

最新の経営コラム

  1. 第130回  デジタル化で機械部品の調達を合理化

  2. 第16回 ダイバーシティは損得問題

  3. 第125回『20の古典で読み解く世界史』(著:本村凌二)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第七話「働き方改革・意識改革」
  2. 戦略・戦術

    第134話 やっていますか、中間決算対策
  3. 仕事術

    第38回 VRヘッドセットが本格発進!
  4. 健康

    第1回 経営者・リーダーにこそ「氣」が不可欠
  5. 仕事術

    第125回「USBメモリの音声データをスマホに取り込む方法」
keyboard_arrow_up