menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.30 「生まれて初めて」がありました?

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

  つくづく社長は好奇心のカタマリだ。
 
 先日、数名の社長と好調に売上げを伸ばしている男性エステの体験コースを受けてきた。
 
 TVでコマーシャルをやっている繁盛店で、前々から興味を持っていたが、正直なかなか一人では行けないものだ。
 
 フェイス(顔)コースで、あまりの気持ちよさに途中から眠ってしまった。
年輩の愛用客が多いと伺ったが、十分うなづける。
 ちょっとは良くなったかって?
 
 「それはそれ」
 
 ところで、今年も、もう半年近く過ぎてしまいましたが、この1月から「生まれて初めての体験」何かされました?
 
 もし、思い当たらなければ、会社がマンネリの入口にたっているかも知れません。残念なことに、専務以下全社員は、社内、現業中心にモノを見てしまいます。
 
 社長が全く異なった体験から、会社変革の外圧をかけるか、目が外にむいていないと、社内からの変革の声もつぶしてしまいます。
 
 見る、聴くも大切ですが、「体験することでしか感じられないこと」が社長には、もっと大切です。
 
 そこから、新商品や新事業が生まれる糸口が見つかります。

 

Vol.29 スロービジネスの本質は一体何?前のページ

Vol.31 社の歴史をキチット残し伝える次のページ

関連記事

  1. Vol.113 自社商品の根本価値をお客様目線で考える

  2. Vol.58 社長の狂気・・・それも公の

  3. Vol.14 ”社のハンコ”は常に社長の手の中にありますか?

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第五十四話 「究極の顧客満足を目指す」(イワブチ)
  2. マネジメント

    第107回 質問「耳の痛い話をどうやったら聞けるようになりますか?」
  3. 健康

    第44号 「感情のコントロールが上手な人」
  4. 経済・株式・資産

    第61回「先制主義」が躍進の根幹「ニトリホールディングス」
  5. 戦略・戦術

    第2回 M&Aが効果的な目的とは?
keyboard_arrow_up