menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第49号 「不必要な怒りから身を守る術」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

プロアスリートの指導をしていると、瞬時に気持ちを切り替える人とそうでない人とでは
"才能の開花"という点で大きく分かれます。

例えば、ゴルフのトーナメント中、自分には全く落ち度のないことや理不尽なことで集中力が、
そがれることがしばしばあります。

自分が、いざ打とうとするとギャラリーの携帯電話が鳴ったり、
あるいは自分は全くスロープレーヤ―(プレイが遅い人)でないのに同伴者が遅い為に
競技員に警告を出されたり、最悪ペナルティーも科されることがあるのです。

この様な局面になった時に自分の正当性を証明することなどは時間の無駄で、
いかにこの出来事がまるでなかったかのように気持ちを切り替えれるかがカギになります。


ケースによっては話を聞いているこちらが、あまりの理不尽さに怒りを感じることさえあります。
ところで、この「理不尽なできごとに対応する」スキルとはプロアスリートだけでなく
我々にとっても日常的に必要とされます。
現代の日本はストレス国と言われているように理不尽な経験など探さなくても
いくらでも向こうからやってきます。

しかし、その度に今日一日が、あるいは何日も不愉快な思いをしてしまうのでは
時間、お金、健康など数えたらきりがないほど多くのものを失うことになります。
ですから気持ちを切り替える術がどうしても必要となるのです。


では、どうやって気持ちを切り替えればよいのでしょうか?

色々な方法はあるのですが、「怒り」にたいして一番有効な手段は
不愉快な出来事が起きた時に10秒数えるのです。

"たったそれだけ?"と思われたかもしれませんが、これが効果が絶大なのです。
「怒ってはダメ」となると不可能ですが、
いくら怒ってもいいから10秒だけ待つというルールをつくるのです。

大抵の瞬時な怒りは10秒数えている間にパワーを失います。

あるいは、そんな事をしようとしている自分に笑ってしまいもう怒りが消えてしまうかもしれません。

多くのストレスを抱える人は小さな怒りに敏感に反応し、
その怒りを自分の中でズームアップし過大解釈して怒りをドンドンパワーアップさせます。

そうならない為に自分の怒りのパターンの邪魔をするのです。
驚くほどシンプルなやり方として、たった10秒数えるだけで気持ちを切り替えられるものです。
是非一度、試してみてください!

第48号 「世界No.1の姿勢」前のページ

第50号 「言葉のパワー」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

    音声・映像

    成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

  2. 松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

    音声・映像

    松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

  3. 最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

    音声・映像

    最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

関連記事

  1. 第41号 「タイガーウッズ 復活のメンタリティー」

  2. 第17号 「理由」  

  3. 第88号 未知の道を求める理由

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第2回 事業継承とファミリーガバナンス
  2. 経済・株式・資産

    第38話 2013年中国政治・経済の10大予測
  3. 経済・株式・資産

    第71話 所有不動産に仮差押・差押をされたら…(8)
  4. 採用・法律

    第15回 『消費税率引上げ直前!増税分をちゃんと転嫁できていますか!?』
  5. 戦略・戦術

    第四十九話 ランチェスター法則で欲しい人材を確保する方法 その1 スタッフづくり...
keyboard_arrow_up