menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第39話 仕事ができる契約社員を正社員に登用したい

「賃金の誤解」

 比較的高額な商品を製造販売している会社の社長から解決策を教えて欲しいと、以下のような相談がありました。

 わが社では商品の性格上、有名デパートでの販売がかなりの割合を占めています。そのため契約社員をデパートの売場に派遣し、販売促進に充てています。そんな社員のひとりなのですが、商品の理解、段取り、接客そして成果どれをとっても高く評価できるAさん(32歳)が居ります。私としてはこのAさんを日給月給の立場から正社員に登用し、その売場を任せたいと考えています。 

 そこで、【1】所定内給与は32万円(基本給28万円)になること、【2】業績に応じて変わりますが賞与が支給されること、【3】仕事力を根拠に実力昇給があること、加えて 【4】退職金制度まで、分かりやすく説明しました。 
 好条件ですから喜んで受けてくれると思ったのですが、意外にもAさんは契約社員のままでよいと断ってきました。

 理由を聞くと、Aさんの時給は現在2000円です。8時間×22日×2000円で計算すると日給月給額は352,000円ほどになります。自分はこの金額で生活してきたので、正社員になると月々の収入が32,000円減ってしまう。それでは生活が苦しくなるというのが言い分でした。


 いままでどおり契約社員として勤めてもらうという選択枝もありますが、相談を受けた以上はベターな答えを提案しなければ社長は満足してくれません。

 Aさんの時給2000円は少々高い例外的な金額かも知れません。しかし正社員になると減ってしまう月々の32,000円をどこからか捻出しなければ話はまとまりません。32,000円×12ヵ月ですから年間384,000円の原資が必要となります。

 謎解きの様ですが正社員になると支給されて、契約社員にはない報酬はないものでしょうか。ありました。それは夏と年末に支給される賞与です。
 この会社の場合、成績評語に応じて成績比例分の賞与金額は変わりますが、基本給比例の賞与金額は年間1.5ヶ月分です。基本給280,000円×1.5ヶ月=420,000円のほぼ確定した賞与があることが分かりました。
 この社員だけの特別処置ですが、この基本給比例の賞与、年間420,000円の内384,000円を月割して調整手当として加算する。その代わりに賞与時には基本給比例金額をその分減額し、成績比例部分の賞与と併せて支給してはどうだろうか。

 これがコンサルタントとして、私が考える究極の回答でした。幸いこの提案は担当部長からAさんに伝えられ、予定どおり正社員として活躍してくれているとの連絡がありました。

 労働契約法・パートタイム労働法が施行され、契約社員を正社員に登用しなければならないケースが増えてきます。そうした事例の解決策のひとつとしてご参照いただければ幸いです。

第38話 2011年 社長・重役の報酬の実態調査から前のページ

第40話 営業手当の支給根拠を正しく理解する次のページ

関連記事

  1. 第93話 有期から無期労働契約への転換にそなえて

  2. 第105話 2018年春季労使交渉と賃上げ動向

  3. 第129話 あらためてベースアップの意義を考える

最新の経営コラム

  1. 第四十八話 会社を辞める理由のトップは現場の人間関係

  2. 第155話 今年5.5%成長の政府目標が絶望的

  3. 第226回 一言で伝える

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第100話 今年も大幅アップする最低賃金
  2. 戦略・戦術

    第126話 小さい会社で勝負する
  3. 人間学・古典

    第105講 「論語その5」 朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり。
  4. 後継者

    第61回 金持ちはケチか
  5. 社員教育・営業

    第61話 成長課題 管理職の部下育成術(61)
keyboard_arrow_up