menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第87話 昇格昇進者の選考は真の能力主義

「賃金の誤解」

賃金管理研究所 所長 弥富拓海
http://www.chingin.jp
 
 責任等級制における昇格昇進とは、これまでの仕事の成績が高く評価され、さらに責任ある重要仕事を任されることです。身分として偉い人になれることを意味する訳ではありません。つまり能力主義は昇格昇進者の選考にこそ貫かれていなければいけないのです。
 
 さらに言えば、昇格者を選ぶということは明日のわが社を委ねるべき実力社員を選んでゆくことであり、その大切な選考に当たっては無難な社員ではなく、その役割責任を担うにふさわしい経験と仕事力を身につけ、上位等級でもリーダーとして信頼され、十二分に活躍できる人を候補者としなければならないのです。いくら高学歴で勤続が永く、良い人だとしても、補助者を付けなければ職責を全うできない人を順番だからと温情で上位等級の要職に登用してはならないのです。
 
 責任等級制の場合、昇格候補者の選考に当たっては等級別標準昇給図表をツールとして用います。この図表上に候補者を号数と年齢でプロットし、定められた昇格要件を満たしているかどうかを視覚的に確認します。その第一の重要判断が図表上に描かれている昇格基準線であり、この基準線を超えている、あるいは次回の昇給で基準線を超える位置(昇格候補者ゾーン)にいる実力社員をリストアップします。さらに以下3つの要素の判断を加えて適任者を絞り込むことになります。
 
(1)同一年齢で同一条件の場合にはより高い号数にいる者を優先する
(2)同一号数にいる場合は最近の昇給評語の優れている者を優先する
(3)同一要件を満たし、昇給評語もほぼ同じ場合には年齢の若い者を優先する
 
「(1)と(2)の判断については理解できる。しかし(3)については承服できない」とおっしゃる社長がおられました。
 
 特に上位等級への人材登用は経営的判断を伴う重大事項であり、職種適性等も考慮すれば、単純には決めにくいのですが、仮に昇格基準線を超えた位置に経験豊富なベテラン社員がおり、同時に可能性を確信させる若い優秀社員が昇格候補者ゾーンに達しているとしましょう。精鋭組織を維持するために、候補者を一人に絞らなければならない場合、いずれの社員を登用すべきでしょうか。
 
 昇格のための要件を等しく満たしている2人であれば、先ずはより若い社員を候補者として検討すべきです。なぜなら、若い社員を選んだ時の方が、上位等級での活躍期間が長くなるからであり、さらに幹部の仕事に挑戦させる機会を設定できるからです。
 
 昇格昇進者を選ぶことは明日のわが社の責任者を選ぶことであり、真の能力主義は妥協なく昇格候補者の選考に貫かれていなければならないのです。

 

第86話 「学卒初任給相場」と「初任給調整手当」前のページ

第88話 平成28年度地域別最低賃金額改定次のページ

関連記事

  1. 第135話 業績悪化時の総額人権費の削減を考える

  2. 第80話 ストレスチェック制度がスタートしました

  3. 第94話 2017年春季労使交渉と賃上げ動向

最新の経営コラム

  1. 第四十九話 ランチェスター法則で欲しい人材を確保する方法 その1 スタッフづくりはお客様づくり

  2. 第156話 中国の景気悪化と政策的な「合成の誤謬」

  3. 第231回「社長の心が病む時」とその対処法

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第82回コミュニケーション上手になる仕事の進め方 3
  2. 社長業

    Vol.128 「決断力で真価が問われる」
  3. キーワード

    第71回 仕事を体験できる場をつくる「フェニーズ」
  4. 健康

    第21号 全脳思考は全”身体”思考
  5. コミュニケーション

    第8回 仕事で差がつく!相手の意見にやんわりと反論する方法
keyboard_arrow_up