menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第121回 『弱さをも成功要因に』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
松下幸之助氏が亡くなられたのは、1989年4月。94歳の生涯だった。
 
亡くなられてすでに四半世紀も経過しているのに、
今なお「経営の神様」として、経済界に隠然たる影響力を持っておられる。
間違いなく、近代日本が得た最高の経営者の一人に挙げられるだろう。
 
 
94歳という長寿から、松下氏は健康に恵まれた人と錯覚されるかもしれないが、
実は氏は、その生涯を、病弱な身体と戦い抜いた人であった。
 
和歌山の長く続いた古い家柄であった松下家の、八番目の末っ子に生まれ、
兄が二人あったが、いずれも早くなくなっている。
 
氏自身も生来、身体が弱かった。
そのため、勤めに出る生活はそう長くは続けられないだろうという気持ちも、
起業の動機のひとつになったと伝えられる。
 
起業前は、大阪電灯という電気メーカーに勤めていた。
ここで、順風満帆の出世を遂げていくが、22歳で肺尖カタルで倒れる。
 
医者は、「仕事を辞め、空気の良いところで転地療養するように」と言ったが、
そんなことが許される境遇ではなかった松下青年は、
三日出勤して一日休むという《飛び石勤め》を願い出た。
 
この一日の休みに様々なことをじっくり考えたと、のちに氏は述懐している。
 
独立し最初に手掛けた商品が、改良ソケットであることは広く知られているが、
そのアイデアもこの「一日の休み」中に、ふっと頭に浮かんだものだったという。
 
その後、松下電器を世界的な企業に発展させた氏の、功績を知らぬ人はいない。
だが、その生涯が肺の持病との闘いで、
入退院の繰り返しであったことは、あまり知られていない。
 
 「健康なのはなによりだ。
  しかし、体が弱いからといって、悲しむことはない。
  弱ければ弱いなりに、それに適したやり方がある。
  いろいろと知恵を働かせる機会も生まれるし、
  それで、人に負けない立派な仕事をやる遂げることもできる」
 
…松下幸之助語録には、こんな健康に関する言葉もある。
 
人には生まれつき背負ってきた運もある。
身体が丈夫か、そうでないかもそのひとつだ。
 
 
私は、生来、丈夫なほうに生まれつき、幸運だと思っていたが、
松下氏のような栄光や僥倖に恵まれているわけではない。
 
体が弱いことイコール不運だ、不幸だと言い切ってしまうのは、
運命をなめているといわれてもしかたない。
 
「無事これ名馬」という言葉があるが、
無事であれば、すべての馬が名馬だというわけではない。
 
世の中には、「無事ではない」けれど、名馬以上の誉れ高い生き方を
する人もあることを知っておきたい。
 

第120回 『やるべきことを6つ書き出す』前のページ

第122回 『多くの転職は、負け始めである』次のページ

関連記事

  1. 第74回 『幸福源』

  2. 第150回 『40歳の老人と、80歳の若者』

  3. 第61回 『任せる覚悟』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第39話 「なぜ、ワンマン経営者がいけないのか?」
  2. 不動産

    第1回 不動産業界の現実と展望
  3. コミュニケーション

    第3回 今日からたった3分!だれにでもできる!
  4. 教養

    2014年9月号
  5. キーワード

    第59回 《りゅうじん流「女性ファッション新トレンド」》~レディースの注目ニュ...
keyboard_arrow_up