menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第152回 『時間とは、作るもの』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
のちに鉄鋼王となったC.M.シュワップが、
若くて、まだ小さな会社の社長であった頃。
 
アメリカの経営コンサルタントであるI.B.リーが
何度もシュワップとの接触を試みるが、
「社長は、忙しい…」を理由に会ってもらえない。
 
そこでリーは
「忙しくなくなるノウハウを教示したい」と迫ると、
これにシュワップは乗ってきた。
 
リーはシュワップに、
「明日やるべきことを、6つ書き出してください」
と求めた。
 
これを行なうのに、シュワップは3分ほどかかった。
 
次に、
「どの仕事から片づけるのか、1番から6番までの優先順位をつけてください」
とやった。
 
これには、先の約2倍の時間である6分かかった。
 
「明日は、この順番で仕事を片付けることです。これを毎日続けてみてください」
リーは、そう助言した。
 
これが、『忙しくなくなる法』だったのである。
 
2か月後、2万5,000ドルの小切手がリーあてにシュワップから届けられた。
教えられた側が、それだけの価値を認めたのである。
 
その後、シュワップは38歳でUSスチールの社長になり、
鉄鋼王の道を歩み始めてたという。
 
ずいぶん昔に新聞でこの話を読んだ私は、我が意を得たりとばかりに、
その日一日気持ちよくイキイキと過ごした記憶がある。
 
 
考えてみると私たちは毎日、忙しい忙しい…と言いながら、
実に下手な時間の使い方をしている。
 
『時は金なり』というが、これはウソである。
 
失った金なら取り戻すことができるが、
一度射た弓矢と失われた時間は、決してもとには戻らない。
明白なことであるのに、
私たちは毎日の過ごし方について考えることが、あまりにも少ない。
 
時間は《在る》ものではなく、やりくりして《作る》ものである。
 
 
 

第151回 『他力で運を招く』前のページ

第153回 『時間を二つに分ける』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第164回 『忠告者は自分の財産』

  2. 第99回 『動機づけ4つの「ション」』

  3. 第191回 『トンネルの先の光を示せ』

最新の経営コラム

  1. #2 一流の〈相談乗り力〉-相手になりきって聴く-

  2. 第49回 「お客様第一主義」の根本

  3. 第213回 少数株主からの買取請求を阻止せよ!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ビジネス見聞録

    経営者のためのカンタン英語講座 Lesson1 ~自己紹介~
  2. 社員教育・営業

    第46回 「間違えやすい言葉の上手な伝え方」
  3. マネジメント

    逆転の発想(1) 賢い意見集約法
  4. マネジメント

    第267回 販売戦略を4つのエリアで考える
  5. 社長業

    Vol.24 誤りのない情勢判断の原則
keyboard_arrow_up