menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第54回 『ハウ・ツーの大切さ』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

企業を訪問すると、壁にスローガンや目標が掲げてあるのが目につく。

「社員のモラール高揚」とか、「努力と実力」「自主性の尊重」「コスト低減」「和と調和」等々、例は枚挙にいとまがない。

こういった目標自体、まことに結構なことだが、果たしてそれを具体的にどう遂行するかというアクション・プランは
あるのだろ うかと、自分の会社のことをタナに上げて気に掛かる。


このアクション・プランで特に大切なのが“How”または“How To”だと思っている。
とかく日本人(特にインテリをもって自任する人)は、“ハウ・ツーもの”と称して、“ハウ・ツー”をかるくみがちである。

企業の中で、ビジョンとか企業哲学とか理念とかいう言葉が飛び交うが、これら一連のものと同じ重みで
“How To”すなわち、具体的なアクション・プランは重視されてよい。

⟨基本⟩は当然大切だが、基本は基本、理論はとかく理論で終わってしまうとなると、
これは評論家の域を一歩も脱しないことに なってしまう。

⟨実践⟩が大事で、そのためにはハウ・ツーがなければならない。

例えば、「コスト低減」は、“何月何日までにコストを何パーセント下げる。
その為には、いつ、誰が、どのように、何をする” というように考えてこそ初めて、実行を前提としての目標になる。


簡単なチェックとしてよく用いられるのは、なぜなのかという“Why”と、何をやるのかという“What”が出たら、
自動的にWhen、Who、Whereの3つを考えて、最後にHowを、つまり5W1Hを押さえながら行う方法で、
こうすれば、少なくとも基本的な見落としは避 けられ、アクションにまで結びつけることができるはずである。



新 将命     

第53回 『問題意識が機会を生む』前のページ

第55回 『根回しは必要悪?』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第134回 外資系で『沈黙は禁』

  2. 第67回 『部下の眼』

  3. 第110回 『部課長の心得』

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第34話 成長課題 管理職の部下育成術(34)
  2. 人間学・古典

    第十九話 「人生の大病は只傲の字なり」
  3. 製造業

    第157号 強靭な精神力を養う3つの思考法
  4. 戦略・戦術

    第55回 『深セン、マカオ、香港!!これからは、時間ではなくアイデアの時代!?』
  5. 社員教育・営業

    第38話 「自創経営における人格能力の育みその8 思考方法編(5) と知識拡大編...
keyboard_arrow_up