menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第86回 『私の「降格」体験』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

私は、みごとな「降格人事」という屈辱的な体験を、三度もしている。

一度目は、シェル石油時代のことだ。同期トップをきって本社の課長になったのもつかの間、上司とケンカをし、
アッと云う間に支店の課長に格下げされた。

二度目は、日本コカ・コーラ時代である。この時も上司とケンカをしたのがアダになり、本社の部長であったのが、
地方支店の次長に降ろされるという、ジェットコースター並みの急降下を経験した。

三度目は、日本サラ・リー時代。アメリカ本社の会議の席で、本社社長以下十数人を前にして、「日本サラ・リーの
責任者は私だ。そんなことは日本では通らない。私が社長をやっている以上は、そんな理不尽なことは認めない!」
と、机を叩いて怒鳴った。
一ヵ月後には、私が社長の席を追われてしまった……。


ところが……である。
三度とも私は、比較的早く、リカバリー・ショットを打つことに成功している。

誰が見ても明らかな降格人事を食らった場合、周囲は、その人がとる態度を興味津々で見つめているものだ。
しかも、「あいつはブーたれるだろう」とか、「がっかりして、ろくな仕事もしないだろう」というような、
ちょっと冷たい期待を込めて…。

私は、意地でもそんな「期待」に応えるものか、と思ったものだ。それでは、負け犬になる。


まず、降格を受ける前の最低二倍は働くことにした。
さらに、努めてニコニコと、シャキッと胸を張り、明るい態度をとるようにした。

もちろん、聖人君子ではないから、ニコニコしようとしていても、ついつい顔がこわばりそうになる。内心では、
夜も眠れないほど悔しい思いを抱えているのだ。
だが、だからこそ、ここが踏ん張り時だとがんばった。

笑顔の方は、「タイム・マネジメント・コース」というセミナーで取得したスマイルカード(自分の顔を映せる
銀色のカード)を手元に置き、しょっちゅう表情をチェックし、にこやかな表情を保つようにしていた。

その結果、半年~一年以内に、降格人事を受けたときのポジションを上回る仕事に、返り咲くことができたので
ある。


この経験から、私は三つのことを学んだ。

ひとつは、「世の中、見る人はちゃんと見ている」ということだ。
ふてくされずにがんばっていた私を見て、先輩が「もう一度、チャンスをやろう」といってくれたのだ。

もうひとつは、「ピンチはチャンスだ」という言葉は、本当だということだった。
降格人事ほど、人の目が自分に集まる時はない。だからこそ、考えようによっては、前向き人間だということを
アピールする絶好のチャンスではないか。

三つ目は、自分が部下を持つ立場になってから分かったことだが、同じ反論でも、「反感をもつ反論」と
「もっともだと思う反論」があるものなのだ。


若い間はついつい、「オレの方が現場を知っている」とばかり、生意気な態度をとってしまうことがしばしばある。部門全体が見えていないこともある。
上司は、部門全体の流れや動きを視野に入れて、采配をふるっている。部下はその上司のサポーターなのだ。そのスタンスに徹することも大事なことだ。

力に屈するのではない。それぞれの立場と役割りを認識するということだ。
その方が仕事はうまく進み、上司との関係も好循環になることが多い。

いまの仕事をマネージできない人は、一段上の仕事に就いた時に、それをマネージすることはできない。

第85回 『ふたつの帽子』前のページ

第87回 『笑顔の効果』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第167回 『 一人の上司につく部下の数』

  2. 第144回 『会社にとって何がベストか?』

  3. 第141回 『「責務」と「責任」の違い』

最新の経営コラム

  1. 第133回 明るい顔で印象アップ。照明機能搭載WEBカメラ

  2. 第19回 生産性向上の「ストーリー」

  3. 第8回 今月のビジネスキーワード「サブスクリプション」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    【ネクタイ考】 エレガントな幅とは? -1-
  2. 人間学・古典

    第24話「世界一短い定型詩『俳句』の世界」
  3. 経済・株式・資産

    第138回 経営とリスク(23)
  4. キーワード

    第79回 リアルと実店舗が補完し合い、顧客満足を高める「オーマイグラス」
  5. マネジメント

    第227回「社長の地雷」はドンドン踏め
keyboard_arrow_up