menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第95回 『簡素メモ術』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす


メモ魔と云う人を、何人も知っている。

切手2から枚くらいの大きさのポストイット(付箋)を片手に、
電車の中で目についたこと、新聞にあった気の利いたフレーズ、ふと思いついたことなど、
次々と書き込んではノートに貼り付けている。
毎晩、寝る前に、それをパソコンに打ち込み、ファイルに落として保存しているそうだ。

参考までに、と、覗かせてもらった文庫本サイズのノート数ページにわたって、
小さな字で書き込まれたポストイットがくまなく貼ってある。
ざっと数えても、20~30枚はあるだろう。それを毎日整理している。

ここまでやれば、完璧だと大いにホメたいところだが、
彼はそのためにどれだけの時間とエネルギーを費やしているのだろうかと、
ふと、そちらの方が気になってしまう。

メモをとるのは、言うまでもなく大事なことだ。人間は忘れやすい動物なのだ。
まして、少し年齢を重ねてくると、、、みなまでいわぬが花というところだろう。

だが、メモをとることを自己目的化してはいけない。
ポストイット氏などは、いささかその兆候がないとはいえない。


私もメモはかなり頻繁にとる方だと思う。
だが、たいていは、そこいらにある簡単な紙に書き留めるだけだ。

実は、書き留めるだけで、メモの目的は、半分は達成したといえる。
書くことにより、けっこう記憶に止まるからだ。
ときどきは、ディテールを思い出せなくなるが、その場合は、メモした紙を探せばいい。

私の場合は、メモした小さな紙をクリアファイルなどにはさんで、しばらくはしまっておく。
そのファイルをいくつかひっくり返せば、たいていの場合は、目的のメモは発見できる仕組みだ。

こんな程度でも、メモはしばしば、ビジネスシーンにおいて、大いに役立つことがある。


気がついたことがあったら、その場でメモを取る習慣は身につけておいた方がよい。
だが、メモ整理のために、過剰な負担を感じたり、そのために特別な時間を費やすのは、
はっきり言ってしまえば、本末転倒だ。
文字通り、メモ(目も)あてられなくなる。


作家の向田邦子さんは、無類の美味しいもの好きで有名だった。
彼女は、雑誌などで美味しい店の情報があると、ベリベリ破くなどして、
「う」と書いた小引き出しに放り込む。うまいの「う」である。

ヒマができると、そこから適当なメモを取り出し、実際に食べに出かけたり、
お取り寄せしたりしていたそうだ。
そのくらいのメモ整理術でも、向田さんのグルメ情報の豊富さには定評があったと聞く。

メモとの付き合い方も、この程度がほど良い、と私は考えている。

第95回 『口はひとつ、耳はふたつ』前のページ

第97回 『携帯電話メモ術』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第189回 『外国人研修に思う』

  2. 第98回 『運をつかむ能力と勇気』

  3. 第89回 『収入と実力』

最新の経営コラム

  1. 第144話 「社会保険料の滞納」に対する厳しい現実

  2. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年5月22日号)

  3. 第330回 質問:数字に強くなるにはどうしたらよいですか?

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第10号 「山彦」  
  2. 仕事術

    第62回 パソコンは4Kモニタで生産効率アップ!
  3. 製造業

    第243号 アナログなやり方も悪くない!
  4. マネジメント

    決断と実行(9)日本海海戦
  5. マネジメント

    挑戦の決断(38) 譜代随一の功臣を切る(徳川家康、秀忠)
keyboard_arrow_up