menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

製造業

第284号 出荷に間に合う、最もゆっくりなスピードで造れ

柿内幸夫─社長のための現場改善

 今回も私の著書「改善の急所101項」から1項を紹介し、実例を挙げて解説します。  

 【急所70】出荷に間に合う、最もゆっくりなスピードで造れ。(164頁)
 
 以前、私には「何かというと急いでしまう」という傾向がありました。例えば電車に乗ろうとして、目の前で扉が閉まりそうになると、つい走って飛び乗ろうとしていました。
 
 別に急ぐ必要はないし、次の電車がすぐ来ると分かっていても走りました。要はせっかちだったということです。(今はあまり走りません。むしろモタモタしてます^ ^;)
 
 そして、このような反応をする人は、決して私だけではありません。けっこうよく見かけます。というか、かなり多くの方がこういう感じなのではと思っていますが、皆さんはいかがでしょうか?
 
 とはいえ、モノづくりではこの傾向と真逆でなければなりません。つまり、「もし間に合うと分かっているのなら、決して走らず、むしろ、もっと間に合うギリギリの電車が来るまで待ちなさい」、です(ちょっと変な言い方で、恐縮です)。
 
 たとえば、私の指導先のY社の組み立てラインの壁には、「間に合う、最もゆっくりなスピードで一人で作ろう!」というスローガンが貼ってあります。
 
 しかし、単に「ゆっくり」と言ってしまうと、生産性が落ちてしまいます。そこで、このスローガンには条件をつけてあり、「一人で一回つかんだら離さないで」というものです。
 
 この意味するところを、以下クイズ形成で詳しくご説明いたしますので、ぜひご一緒に考えて頂きたいと思います。 
 
 【問題】
 一人で作れば二日間かかり、二人で作業分担してやれば一日で終わる仕事があったとします。それを二日後に完成して出荷する場合、どうやってそのモノを作りますか?
 
 ① 一人で今から作り始める。
 
 ② 二人で今から作り始める。
 
 ③ 二人で明日から作り始める
 
 さて、正解はどれでしょう。
 
 ① 一人で今から作ればちょうど二日後に出来上がりますからジャストインタイムです。しかし、もう一人の人はすることがありませんから、二日間は完全に手待ちになります。
 
 ② 二人で今から作り始めれば一日でできますから、前半は二人ともに仕事がありますが、後半は二人とも丸一日間、手待ちになります。
 
 ③ 二人で明日作り始めれば、明日出来上がりますから①と同様ジャストインタイムです。しかし今日は二人ともすることがありません。
 
 皆さんでしたらどのやり方を取られますか?
 
 私が選ぶ答えは①、すなわち、一人で作ってちょうど間に合うようにします。そして、もう一人の人は二日間まるまる空き時間になりますから、そういう時にしてもらうべきことを普段から用意しておいてやってもらいます。例えば5Sとか改善の実行です。
 
 なぜ②や③ではいけないのか? もちろん、いろいろな条件が会社によっても、業態によっても、タイミングによってもありますから、絶対これがダメということではありません。
 
 とはいえ、私の考えですが、②では二人でやると一日早くできてしまうので、出荷当日までの間に運搬や置き場所が必要になったりのムダが発生します。そして、その分在庫を持つことになりますから、当然場所もお金もかかります。これはやめましょう。
 
 しかし、③はジャストインタイムですから、②のような大きな問題はありません。ではなぜ、私は③を選ばないか?
 
 その理由は、一人で何でもできてしまうことの有効性に着目するからです。すなわち、普段から一人で生産が完結するような訓練をしていると、あらゆるバリエーションの生産に対応できるからです。
 
 たとえば、これからオリンピックまでの6年間、基本的に景気は上向くことと思います。その時の仕事の増は品種の増も伴うことでしょう。そうすると、もし一人ですべてをこなせるような準備があれば、複数の人で「同時に」「何種類もの」生産ができますから、在庫や生産性や品質向上に貢献することでしょう。
 
 このような理由で私は①を選びます。もちろん、訓練なども必要なので簡単ではありませんが、より高いレベルの技術にチャレンジしていただきたいと考えます。
 
 
 

284.jpg

copyright ゆきち先生 http://yukichisensei.com/

 

※柿内先生に質問のある方は、なんでも結構ですので下記にお寄せください。etsuko@jmca.net 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第283号 チョコ案改善法のすすめ前のページ

第285号 出荷に間に合う、最もゆっくりなスピードで造れ~その2次のページ

関連記事

  1. 第309号 自社の実力は、モノづくりの6段階のレベルで把握せよ(5)

  2. 第242号 改善提案制度の弱点

  3. 第302号 空間をつくるとアイデアが生まれる

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第27講 お申し出者のお宅への訪問対応~その5~
  2. 税務・会計

    第7回 会社の中を見える化すれば、経営がわかる
  3. マネジメント

    故事成語に学ぶ(25) 三人言ひて虎を成す
  4. 経済・株式・資産

    第72回「「空き家急増と過剰流動性バブル懸念、不動産の投資と有効活用にも出口戦略...
  5. 社員教育・営業

    第36話 成長課題 管理職の部下育成術(36)
keyboard_arrow_up