menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ビジネス見聞録

講師インタビュー「賢いAI活用法」中西崇文氏

ビジネス見聞録 経営ニュース

話題のAIの世界と利点、我社で上手に活用する使い方をつかむためにはどうするべきか。
「稼ぐAI」著者 中西崇文氏に中小企業のAI活用法についてお聞きしました。

■中西崇文氏 (なかにしたかふみ)/武蔵野大学データサイエンス学部データサイエンス学科長
 人工知能(AI)の進化は、人間の仕事を奪うのではなく、「人間らしい力」をより発揮できる社会や企業になると主唱。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。2006年より情報通信研究機構にてナレッジクラスタシステムの研究開発等に従事。2014年4月より国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授・主任研究員、テキストマイニング、データマイニング手法の研究開発に従事。2018年4月、武蔵野大学工学部 数理工学科 准教授。2019年4月より現職。
 現在、機械学習などをはじめとする人工知能技術をコアとしたシステムの研究開発やそれらのビジネス、サービスの立ち上げを目的とした企業連携研究プロジェクトを多数推進中。
総務省「AIネットワーク社会推進会議」構成員、経済産業省 「流通・物流分野における情報の利活用に関する研究会」委員、総務省「ICTインテリジェント化影響評価検討会議」構成員、等歴任。
専門は、データマイニング、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など。著書に、『稼ぐAI 小さな会社でも今すぐ始められる「人工知能」導入の実践ステップ』(朝日新聞出版)、『シンギュラリティは怖くないちょっと落ちついて人工知能について考えよう』(草思社)などがある。


Q:AIの進化に伴い、経営環境にどのような変化が起きていくとみてますか?

  AIの進化に伴い、自動化や効率化がどんどん進んでいきます。この講話でもお話ししましたが、人間だけが実世界で業務をするだけでは、もう追いつかないぐらいのスピードを求められているのです。社長の経営判断も非常にスピードを上げていかないとまったく追いつかない状況になってくると私は思います。これは、AIの影響もあるかもしれませんし、AIを使ったがために速くなってくるということもあると思います。人口減少時代も重なり、今の時代がそれを求めているというところもあります。そういう意味でもAIを業務に少しでも導入して、なるべくスピードアップをしていく、効率化を図っていくというのが非常に重要だと思います。

Q:具体的にAIで何ができるのでしょうか?

 講話の中では“○○の自動化”というふうに解説しておりますが、様々な自動化があると思います。例えば、顔認識でしたら顔画像から誰の顔が写っているのかというのを自動的に判別をする。それを人間ではなくAIが自動的に何かをするということです。講話の中でも話しましたが経費精算の申請のチェックや、生産ラインでの異常品の判別、顧客対応のチャットボットもそうです。営業のノウハウの共有とか、アポイントを取りやすい時間帯を予測するとか、そういう事もAIですべて実現できると考えております。多種多様にわたるところで利用が可能なので、自社ではどういうふうに利用するかを考えるのが非常に大事だと思います。

Q:何から始め、また、企業で導入するためのポイントを教えてください。

 社長がAIにご興味を持っていただくことが非常に重要だと思います。今日もAIを使った新サービスがニュースリリースに出ています。そういうサービスを見て、どういうところにAIが使えるのか、どんな成功を収めているのか、どんな取り組みをしているのかというのを押さえていただく。そして、AIに関する基本的な知識を持って、興味を持ってアンテナを張っていただくのが大切です。アンテナを張るとすぐにAIを使ってみたいと感じると思います。ここに似た事例があるから、我社でもこれを実践してみようとなるところですけども、そこはちょっと我慢してください。
 まずは社内の課題を整理してください。講話の中でも説明しました4段階の整理からはじめていただきたいと思います。AIというのは自社が抱えた本当に重要な課題を解くことによって、効果が倍増します。どこに使うのか。どこが課題なのか。その課題に対して、どういう自動化ができるのかというのを考えていく。そこが整理されていないと、例えば外部のベンダーさんにAIプログラムを頼んだとしても、使えないAIシステムを作ってしまうことになってしまいます。そうならないためにもまずは自社の何が問題なのか、そしてどこに使うといいのかというところを整理していただきたいと思います。

Q:最後に社長の方々へメッセージをお願いします。

 AIや人工知能、機械学習、データサイエンスと聞いて、我社には関係ないと思われた社長は、この講話をお聞きいただいてから判断をしていただければと思います。AIは、どの業種にも関わってきて重要なものになります。

 もう一つ知っていただきたいのは、いよいよ中小企業がAIを導入する段階に入ってきたということです。一番の理由はオープンソース。無償で使えるソフトウェアで自社に合わせて改変も自由です。この講話には無料で使えるAIプログラムをダウンロードして体験できるものを用意しました。社員の方々と一緒に触れてみてください。AIは現状どうなのか、どのような利点をもたらしてくれるのか、この講話を聞いていただいて、ぜひ活用していただければと思います。

経営に役立つ「色」の世界〈空間編3〉「場が人を育て、人を引き寄せる~社員が働きやすくなる色使い~」前のページ

経営に役立つ「色」の世界〈パーソナル編1〉「社長の外見は、無意識に人を動かす~社員が働きやすくなる色使い~」次のページ

関連記事

  1. 3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド「中小企業が挑んだ令和のブランドリデザイン “オワコン”商品がV字回復」

  2. 創業者精神とDNAをつなぐアース流家族経営|講師インタビュー「人磨きを極める経営」國分利治氏・山下誠司氏

  3. 社長だけができる《幹部教育》の極意|講師インタビュー「〈自創式〉躍進経営」東川鷹年氏

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第71話 優れた学卒社員が学歴差で不利にならない仕組み
  2. 社員教育・営業

    第55講 クレーム担当者が疲弊しない成功の極意(1)
  3. 戦略・戦術

    第192号 1兆8851億元
  4. 健康

    第84号 この瞬間をエンジョイするには
  5. マネジメント

    第136回 社長の課外活動
keyboard_arrow_up