menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第25話 所定内労働時間と賃金

賃金決定の定石

 賃金の問題を正しく捉えるためには、労働時間管理に対する正しい認識が必要となります。その基礎となるのが所定内労働時間です。

 

 所定内労働時間とは、従業員が実際に働くこととなっている時間のことで、就業規則内に規定されている始業時刻から終業時刻までの時間(休憩時間を除く)を指します。この所定労働時間は、法定労働時間の限度内で設定しなければなりません。労働基準法では、原則として1日8時間、1週間に40時間を超えて働かせてはならないことになっています。これが、法定労働時間の基本原則となっています。

 

 1年を365日としますと、1年間は52.1428…週ありますから、これに40時間をかけると、1年間に2085.7時間までは所定労働時間として設定できることがわかります。1カ月当たり173.8時間、これが従業員に設定できる所定労働時間の実質的な上限です。

 

 基本原則は、1日8時間、1週40時間なのですが、一定の条件の下で、これを超えて働かせることのできる例外規定が労働基準法の中に定められています。

 

【例外1】時間外労働協定(36協定)

いわゆる残業や休日勤務に関するものです。従業員の過半数代表か労働組合との間で36(サブロク)協定を結び、割増賃金を支給することで、1日8時間、1週40時間の上限を超えて働かせることができます。

 

【例外2】変形労働時間制

1週間単位、1カ月単位、1年単位の変形労働時間制を採用することにより、対象期間中の労働時間が1週あたり平均40時間を超えない範囲において、特定の日や特定の週において上限時間を超えて働かせることができるようになります。

 

【例外3】スレックスタイム制

フレックスタイム制により就業規則等により制度を導入することを定めた上で、労使協定により、一定期間(1ヶ月以内)を平均し1週間当たりの労働時間が法定の労働時間を超えない範囲内において、その期間における総労働時間を定めた場合に、その範囲内で始業・終業時刻・労働者がそれぞれ自主的に決定することができる制度です。

 

【例外4】みなし労働時間制

事業場外労働や裁量労働制に対するみなし労働時間制もこの例外措置の1つです。

〔事業場外みなし労働時間制〕:事業場外で労働する場合で労働時間の算定が困難な場合には、原則として所定労働時間を労働したものとみなすことができる制度。

〔専門業務型裁量労働制〕:デザイナーやシステムエンジニア等、業務遂行の手段や時間配分などに関して使用者が具体的な指示をしない19の業務について、実際の労働時間数とはかかわりなく、労使協定で定めた労働時間数を働いたものとみなすことのできる制度。

〔企画業務型裁量労働制〕:事業運営の企画、立案、調査及び分析の業務であって、業務遂行の手段や時間配分などに関して使用者が具体的な指示をしない業務について、実際の労働時間数とはかかわりなく、労使委員会で定めた労働時間数を働いたものとみなすことのできる制度。

 

 このような例外措置をうまく組み合わせながら、すべての企業は自社事業の特性や業態に見合った就労管理体制を採用しています。そして、所定労働時間が正しく定まっているからこそ、更なる生産性向上を図ることもできますし、公正な処遇の実現にも繋がるのです。

 

 ちなみに、法定労働時間を超えて残業をさせた場合の割増賃金の割増率は、時間外勤務の場合25%以上、1ヵ月60時間を超える時間外勤務をさせた場合、60時間を超える分については50%以上です。これまで猶予されていた中小企業も2023年4月よりこの50%ルールが適用されることとなります。

 

 最低賃金や採用初任給、残業時の割増率などが上昇する中にあって、労働生産性の向上は全ての業種にとって喫緊の課題です。言い換えれば、いかにして所定内労働時間を中味の詰まった、ムリムダムラのない、質的に高いものへと変容させていくかが問われています。

 

 賃金決定における価値判断の基準は、これまで以上に労働時間という「量」から、所定内労働の「質」の高さを希求する方向へとシフトチェンジする必要があるといえましょう。

第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略前のページ

第26話 最低賃金の引上げとその影響を考える次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社員が成長する・良い人財が集まる評価制度の確立と上手な進め方

    セミナー

    社員が成長する・良い人財が集まる評価制度の確立と上手な進め方

  2. 賃金処遇と人事施策のやり方

    音声・映像

    賃金処遇と人事施策のやり方

  3. 緊急事態下での「賃金と処遇」

    音声・映像

    緊急事態下での「賃金と処遇」

関連記事

  1. 第42話 「配属ガチャ」と新入社員のキャリア形成

  2. 第31話 目標によるマネジメントと人材育成・人事評価

  3. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第22回 米、仏、サウジ、インド、日本での相続
  2. マネジメント

    第39回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:日本電産~
  3. 人間学・古典

    第2話 「一流の見識 その壱」
  4. 社員教育・営業

    第12講 お客様の言葉を、まともに受け止めない!
  5. キーワード

    第19回(有名なシンボルほど見逃されている)「なまはげ」
keyboard_arrow_up