menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.73 「悪条件は好条件」という考え方

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「繁栄の法則」の著者である北川八郎先生の工房を訪ねて、先週の日曜日に阿蘇の奥にある小国町に行ってきた。
 もう少しで、あの有名な日本一「黒川温泉」である。
 
 「徳のレンガ」「金のカナヅチ」「利より信」「戸が笑う」など、数多くの北川先生の教えの中に「悪条件は好条件」という一句がある。
 立地が代表例だが、好条件が揃うと、確かに大繁盛するが、それが当たり前になり、社長も社員も慢心して努力を怠ってしまう。条件が変わると知恵を出す能力が磨かれてないため、なすすべがない。耳の痛い話しである。
 
 この小国町は人口3000人。繁盛には程遠い条件ながら、国道212号のワキ道を入った山奥の奥にある「戸無のそば屋」という超繁盛店につれていっていただいた。
 
 9年前に店をつくる時には、北川先生も大工仕事を手伝ったとの事だが何分、お客様が来ない。工夫に工夫を重ね、わざわざ来ていただいたお客様に喜んでもらうために、とにかく努力をされている。
 今では全国に「そば街道」なるものが沢山あるが、ここが発祥の地だそうだ。
 
 業績が悪くなるとついつい原因を外に求めてしまう。冷静な分析とともに100%原因自分論で、行動しなくてはならない。頭では判っても現実には難しい。だからこそ、頑張っている店や会社を身近かに置いて、自戒しよう。きっと宝の山が見つかるはずである。
 
追伸
 5月13日・14日に、12名の経営者と北川先生を尋ね、熊本へ飛ぶ。もちろん「戸無しそば」の離れを予約してある。皆んなにはどう映るか、今から楽しみである。

 

Vol.72 会社の中味を3年前に比べ、どう変えましたか?前のページ

Vol.74 「インターンシップ」への取り組み次のページ

関連記事

  1. Vol.162 「クールビス」という流行が残したもの

  2. Vol.74 「インターンシップ」への取り組み

  3. Vol.61 中国戦略をもう一回じっくり練り直す

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 新技術・商品

    第47話 低価格競争からの脱却が理由だった!
  2. 健康

    第20回「”思い”で脳のパフォーマンスを最大化する」
  3. 戦略・戦術

    第148号 美味しくなければ、代金は返金します
  4. 後継者

    第34回 家族マターは全員一致
  5. 仕事術

    第29回 「ブルーライト」のお手軽緩和術
keyboard_arrow_up