menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

第23回 値決めは経営そのものである

繁栄への着眼点 牟田太陽

※本コラムは2021年2月の繁栄への着眼点を掲載したものです。

 私は普段会社でデスクワークをする際、WEDGWOODのマグカップを愛用している。入協当時からだ。途中、社員に割られること数回、他のブランドに浮気をしたりもしたが、一周回ってまた同じデザインのもので収まっている。別にブランド物でなくても良いのだが、文章など書く機会が多いので、「ふと休憩する際には、良い物で温かいお茶であったり、コーヒーであったり飲みたい」と考えてのことだ。そういう人は多いのではないか。

 もう十年近く前になるが、海外視察に向かう成田エクスプレスに乗車していた時のことだ。
 女性社員から携帯にメールが届いた。開いてみると「太陽さんの大事なマグカップを割ってしまいました。申し訳ありません」という文章と共に、無残に割れた愛用のマグカップの写真が添付されていた。「割ってしまったのは事故なのでしょうがないけど、これから海外に行く人間に縁起でもない写真送ってこなくていいよ」などと、半分冗談、半分本気で返信したことがあった。帰国した私の席には、「申し訳ありませんでした」と書かれたポストイットが貼られた某コーヒーチェーンのマグカップが置かれていた。そのマグカップは有難く受け取ったが、新しく買いなおして以来、自分のマグカップは自分で手洗いするようになった。十年経つが、それを見てきた男性社員たちは、自分たちも手洗いするようになった。思わぬ副作用だ。

 日用品は、こういったように分かりやすく値段によって役割が変わってくる。財布もそうだ。
 私は普段社長と食事をする機会が多い。お互いの財布をよく見たりする。フランスやイタリアの高級財布を使っている社長も多いが、中には拘って日本製の財布を使っている社長もいる。私もかつてはフランス製の財布を使っていたが、4年前に日本製に替えた。
 それは、娘が小学校に入学する際に、「家族で同じ物を身につけよう」と娘のランドセルと同じブランドの物を購入したからだ。モノを選ぶにも哲学がある。
 かつては、社長の財布というと、お札が入るように長財布が定番であった。それも、このキャッシュレス化によって変わりつつあるようだ。極力、お札を入れない。カードも最小限。なので二つ折りの財布が見直されつつある。特に若い人にその傾向がある。

 中国地方にあるアパレルメーカーのお客様が、登山用の財布として約2千円の財布を作って見せてくれた。「太陽さん、登山というのは極力重いものを持っていきたくないから、だからこの薄い財布がいいんです。そして、ぺなぺなですぐダメになるからいいんです」
 「何故?」と訊く私に社長はこう言った。「カラフルですよね。何色もあるんです。だからダメになったら、別の欲しい色を直ぐ買えるんです」よく考えていると感心した。

 いま一度言うが、商品やサービスというのは価格帯によって役割が変わってくる。
 100円ショップで買ったボールペンが直ぐに壊れても文句を言う人はいない。しかし、「ブランド」と呼ばれるものは、値段以上の価値がそこになくてはいけない。
 値段が安いモノを売るのも、値段が高いモノを売るのも社長の考え方一つだ。値決めは経営そのものである。

※本コラムは2021年2月の繁栄への着眼点を掲載したものです。


▼7万人以上の社長が学んだ日本最大級の経営者セミナー「全国経営者セミナー」講演音声講座・動画講座

第22回 瞬発力が会社の生死を分ける前のページ

第24回 社長の無知の知次のページ

関連セミナー・商品

  1. 限りなく大きなロマン 第13期「無門塾」

    セミナー

    限りなく大きなロマン 第13期「無門塾」

  2. 幾代もの繁栄を築く 後継社長の実務と戦略(PHP研究所刊)

    幾代もの繁栄を築く 後継社長の実務と戦略(PHP研究所刊)

  3. 2022年「春季・全国経営者セミナー」CD・DVD一括申込み

    音声・映像

    2022年「春季・全国経営者セミナー」CD・DVD一括申込み

関連記事

  1. 第17回 「お客様第一主義」の根底にあるもの

  2. 第23回 特別対談:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和氏(前編)

  3. 第134回 動きながら止まる、止まりながら動く

最新の経営コラム

  1. 第四十八話 会社を辞める理由のトップは現場の人間関係

  2. 第155話 今年5.5%成長の政府目標が絶望的

  3. 第226回 一言で伝える

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    危機を乗り越える知恵(3)友情に先んじるものあり・明治6年の政変
  2. ブランド

    聴く力
  3. キーワード

    第19回 中国・自動運転車ベンチャー
  4. マネジメント

    第186回 『リーダーは作れるか?』
  5. キーワード

    第64回(「無料&放置の“オープン戦略”で活気を呼び込む はんだづけカフェ」)
keyboard_arrow_up