menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第124回 『10:10を軸とした差別化』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
ビジネスマンとしてのあなたが、人より
一歩、二歩先に出るためには何が必要だろうか。
 
実力?
コネ?
運?
 
このうち、コネと運は本質的にはかないものであり、
あまりあてにできない。
 
ただし、人と人との縁(えにし)を大事にするという意味のコネは、
きわめて重要であるし、一生に何度か巡ってくる運を
逃さず自分のものにする勇気と才覚も無視できない。
 
それでは、コネと運を一応はずして、
あなたの実力を周囲に認めさせる方法はあるのだろうか。
言い換えると、あなたの「差別化」ができるのだろうか。
 
ある!
 
私自身が若い頃から意識して使った、ごく簡単な方法である。
これを、「10:10フォーミュラ」と、私は勝手に称している。
 
 
この方法をわかりやすく、昔テレビではやった
「よい子・悪い子・ふつうの子」的に分類すると、次のようになる。
 
頼まれた仕事内容を10、頼まれた期限を10日間だとすると、
 
 ≪ふつうのビジネスマン≫
   きっちり10の内容を、きっちり10日間で。(パープレイ)
 
 ≪悪いビジネスマン≫
 (1)9の内容を10日間で。 (中身が不足)
 (2)10の内容を11日間で。(時間オーバー)
 (3)9の内容を11日間で。 (救いなし!)
 
 ≪よいビジネスマン≫
 (1)11の内容を10日間で。(おっ、ちょっとやるなぁ)
 (2)10の内容を9日間で。 (うん、手際がよいぞ)
 (3)11の内容を9日間で。 (なかなか憎いことをやるわい)
 
このように、同じ仕事を任されても、
それを完成させたときの「内容・室・時間」の点では、
多くの組み合わせのあることがわかる。

 
特別の天才を除けば、人の能力にはそれほど極端な差はない(と考えたい)。
その中で、自分自身の実力アップを図りながら、同時に、
結果的に人に認められるためには、
この≪よいビジネスマン≫のパターンを、習慣的に狙うことだ。
 
ただ、実際のビジネスの場では、
≪普通にやる人≫ですら少人数グループに属するので、
常に普通を通せば、それだけで差別化が可能である。
ゴルフもコンスタントにパープレイすれば、そこそこにランクされるだろう。
 
競争社会での差別化の重要性は、
単にマーケティングや商品政策の分野だけにとどまらず、
個人の面にもあてはまる点を十分認識して、
すぐ王道としてのあなた自身の差別化運動を起こすように、そそのかしたい。
 

第123回 『あきらめないことが、最高のリカバリー』前のページ

第125回 『自分は他人とどこが違うか』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第45回 『会議のすすめ方』

  2. 第134回 外資系で『沈黙は禁』

  3. 第145回 『よい生活習慣が、長期戦を支える』

最新の経営コラム

  1. 第103回「惜しげもなく捨てる経営が、成長の推進力」サイバーエージェント

  2. 第176回「アラカルトでこそ、気配りの差がつく」

  3. 第25回 百年体系

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第38回(臨機応変のサービスを提供する「寅゛衛門グループ」)
  2. 社長業

    第2回 社長は「恐怖」や「不安」にどう打ち勝つか
  3. 経済・株式・資産

    第29話 鄧小平と毛沢東の「戦争」―薄煕来失脚事件研究(1)
  4. マネジメント

    第211回 「3つ」捨てる
  5. 不動産

    第21回 顧客の声やアンケートを「金科玉条」にせず、分析する事
keyboard_arrow_up