menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十八話 「老馬の智、用うべし」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

“老馬の智、用うべし”

 この言葉は、韓非子にあるもこの由来は春秋時代にさかのぼる。

 斉の桓公が名宰相管仲と隰朋(しゅうほう)を従えて、小田、孤竹を攻めたときである。
往路は無事であったが、帰路は冬になり道に迷ってしまった。そのとき、管仲が年老いた鳥は
本能的感覚で道を探しあてるものだ。それに従って老鳥を列から放したところ、しばらくして
ある方向に歩き出した。それについていくともときた道に戻ることができたという。

また一行が山道をすすんでいる時、飲み水がなくなり歩行も困難になってきた。
この時、隰朋が、蟻は、冬は山の南側に、夏は北側に巣を作るという、その蟻塚の下には
水源があるという。掘ってみると水源を掘り当てることができたという。

 この話の意味は、どんなつまらぬ人からでも役立つ智恵は得られるものだ、ということである。
また、全く役立つとは思われないことからも新たな智恵が得られるものである。

 ニュートンはりんごの落ちるものを見て、地球の引力を知ったといい、作曲家の古賀政男さんは
キセルの羅宇屋の笛の音を聞いて、“影を慕いて”の名曲を作り、ビールの瓶詰め工場から
回転寿司を開いたという。

 私の失意貧困を救ってくれたのは、漢書にある
“淵に臨みて魚を羨むは、退いて網を結ぶに如かず”の一句であった。
また私に、処世、経営の基本を教えてくれたのは夜学当時の“十八史略抄本”七十四の小冊子であった。

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十七話 「国(会社)の将に亡びんとするや」前のページ

第十九話 「人生の大病は只傲の字なり」次のページ

関連記事

  1. 第十七話 「国(会社)の将に亡びんとするや」

  2. 第二十八話 「豆を煮るに豆がらを焼く羹」

  3. 第三十七話 「人に勝とうと思うなら]

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第86話 「学卒初任給相場」と「初任給調整手当」
  2. 健康

    第32回 聞くだけでリーダーの脳が変わる
  3. サービス

    第159話 雪の窯珈琲 @江戸川区船堀 ~ピザ窯のある人気カフェ
  4. 人間学・古典

    第7話 「新しき年を寿ぐ」
  5. キーワード

    第51回(様々なシチュエーションを組み合わせる「R’s kitche...
keyboard_arrow_up