menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十七話 「国(会社)の将に亡びんとするや」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

“国(会社)の将に亡びんとするや、本先ず倒れて、
              而る後に枝葉之に従う”(春秋左氏伝)

 (木の根本が倒れると、枝葉がこれに続いて倒れる。
国家においても根本となる礼が失われてくると、それは必ず国の滅亡につながる)

 その昔、企業の存亡を賭けた労資の対立があった。先鋭化した分子の戦法の一歩は欠礼に
あったとも思われた。それぞれが礼を欠くことによって組織の分断を計るというものであったように
思われる。組織が分断されれば社員の団結は失われ、組織としての力は失われることになる。

 私はある会社に入ったとき、一部の勢力に味方せず、会社に味方せよと呼びかけ、
礼儀作法を自ら示して社員に呼びかけたことがある。

 社員が経経営者に礼を欠き、経営者が社員に礼を欠くように会社が存続した例は聞いたこともない。
“貞観政要”は唐の名君太宗の洛世を書いたものだが、このなかに、人の上に建つものは
奢多に走らず、臣下の諌言を用いること、つまり、国民、臣に対する例を述べたといえるもので、
次のような記述もある。


 “人民を搾取して贅沢な生活をするのは自分の身体の肉を切り割いて
自分で食ってしまうようなもので、満腹したときは自分が死んでしまうだろう”

 人民は働いて人々の生命を保つ役割を果たしてくれる者、それに対す例といえるものである。

 貞観政要の二本の柱といえば、人民に対する礼と臣の諌言に対する感謝の礼に
尽くされているように思われる。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十六話 「人を責むるの心を以て己を責む」前のページ

第十八話 「老馬の智、用うべし」次のページ

関連記事

  1. 第十五話 「怒りを止むるは」

  2. 第二十六話 「難によりて材をあらわす」

  3. 第六話 「十天王」

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2015年10月号
  2. 経済・株式・資産

    第70回「懸念される株価バブルの崩壊」
  3. 戦略・戦術

    第238号 1兆4,845億円
  4. マネジメント

    第56回 オーダーメイド商品を極める
  5. 不動産

    第13回 用地情報屋、設計事務所、建設会社等を選別し、各々の業界で良いと言われ...
keyboard_arrow_up