menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

コミュニケーション

第74回 新入社員向け言葉のマナー 「ら抜き」言葉、「しかしながら」の効果的な使い方

業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術

 こんにちは、4月ですね。会社に新たな人材が入ったり、人事異動で新たな仲間ができたり、コミュニケーションに新しい風が吹く頃となりました。

 新入社員の中には、敬語を使って目上の人とやりとりするのが初めての人もいます。彼ら・彼女たちが自信を持って仕事にまい進できるよう、今回は基本に戻って「ら抜き」言葉と、逆説の接続詞「しかしながら」の効果的な使い方について復習します。

 初めて後輩ができる入社2年目の人や、初めて部下をもつ中間管理職の人にシェアしていただき、お役立ていただけたら幸いです。

「ら抜き」言葉はゲーム感覚で覚える

 近年、急速な勢いで定着しつつある「ら抜き」言葉。ある程度、大目に見てもらえることもありますが、不用意に連発すると眉をひそめる年配者もいます。

 以前、有名レストランのシェフがテレビで「食べれない」と言っているのを聞いたとき、頭の中がクエッチョンマークで一杯になりました。飲食関係なら「食べられる/食べられない」、ファッション関係なら「着られる/着られない」、接客業や人前で話す機会が多いなら「見られる/見られない」など、まずは自社の専門分野で正しい言葉を覚えましょう。

× 苦手な食材や、食べれないものがありましたら、教えてください
〇 苦手な食材や、食べられないものがありましたら、教えてください

× このユニフォームはサイズが小さすぎて、着れない
〇 このユニフォームはサイズが小さすぎて、着られない

× 先ほどは電話に出れず、失礼しました
〇 先ほどは電話に出られず、失礼しました

× 緊張してお客様の顔をまともに見れなかった
〇 緊張してお客様の顔をまともに見られなかった

× A案とB案、どちらがよいか決めれません
〇 A案とB案、どちらがよいか決められません

不要な接続詞をカットする

 文章は接続詞が多いと読みにくくなります。なくても意味が通じる接続詞は推敲の際にすべてカットしましょう。

Before例文(接続詞を多用している例)

私はもともと口下手だ。よって、クライアントとの面談の場では言いたいことが言えなかったり、緊張して余計なことまで口走ってしまったり、後になってから反省することもしょっちゅうだ。
けれど、いざ研修等で講師として人前に立つときには燃えてしまう。むしろ、向いていると感じる。また、自信を持っているとすら言える。なぜなら、講師である以上、自分で場をコントロールできるからだ。

After例文(不必要な接続詞をカットした例)

私はもともと口下手だ。クライアントとの面談の場では言いたいことが言えなかったり、緊張して余計なことまで口走ってしまったり、後になってから反省することもしょっちゅうだ。
しかしながら、いざ研修等で講師として人前に立つときには燃えてしまう。向いていると感じるし、自信を持っているとすら言える。講師である以上、自分で場をコントロールできるからだ。


 数ある接続詞の中で、いちばん大きな力をもつのが「逆説」の接続詞「しかし」です。

 逆説の接続詞はそれより前に書いた内容を「否定」する意味をもちます。文章の流れを大きく変えることから、うまく使えばインパクトが出て後半の説得力が増しますが、めったやたらに使うと逆効果。話の腰を折るようで、読み手に不快感を与えます。

 逆説の接続詞には、ほかに「でも」「けれども」「だけど」「だが」「とはいえ」などがありますが、ビジネスシーンでおすすめしたいのは「しかしながら」。「しかし」よりも丁寧な印象を与えられる上、説得力が増して伝わります。

 使う接続詞の数が減ると、おのずと思考が整理されます。

 言いたいことが明確になり、「話がわかる人」という評価につながりやすくなるでしょう。

 

第73回 クレームメールから身を守り冷静に対応するための3つのコツ前のページ

第75回 ソーシャルメディアと手紙次のページ

関連セミナー・商品

  1. 【通信教育】仕事で差がつく!実用美文字・美手紙講座

    音声・映像

    【通信教育】仕事で差がつく!実用美文字・美手紙講座

  2. 【通信教育】仕事で差がつく!「 メール・文章の書き方講座」

    音声・映像

    【通信教育】仕事で差がつく!「 メール・文章の書き方講座」

関連記事

  1. 第62回 「はじめまして」の挨拶メールで心をつかむ

  2. 【手紙日本史】型破りだった「坂本龍馬の手紙」と「幕末の頃の手紙代」

  3. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

最新の経営コラム

  1. #4 一流の〈名刺力〉-名刺は必要?不要?-

  2. 第51回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

  3. 第155回 データをスマホからPCに簡単転送【Google Drive編】

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第204回 重要な書類は「何ページ」か?
  2. 人事・労務

    第1講 ウェルビーイング経営のススメ―社長は今こそトップメッセージを―
  3. マネジメント

    逆転の発想(31) 忠義よりも家門を守れ(真田昌幸)
  4. コミュニケーション

    第71回 変わるもの、変わらないもの~年賀状、年賀状じまい~
  5. 社員教育・営業

    第31講 お申し出者のお宅への訪問対応~その9~
keyboard_arrow_up